ブラウザーの【JavaScript】が無効になっているため、画面を正常に表示することができません!
NVIDIA GPU Driver:Deep Learning(深層学習)開発環境、構築、最適化情報|株式会社アークブレイン
http://www.arcbrain.jp HOME へ        
 

NVIDIA® Deep Learning (深層学習) 開発環境 構築情報
Driver for NVIDIA® GPU

こちらは、「NVIDIA® Deep Learning (深層学習)」を開発するPC(ワークステーション、サーバー)に必要な開発環境を構築する方法の概略や、構築に参考となる情報を集めたページとなります。
各々の情報のサイト・リンク情報、NVIDIA® CUDA、CUDA GUP ドライバー、NVIDIA® DIGITS、cuDNN、フレームワーク(Caffe、theano、torch、BIDMach)などをダウンロード、インストールする方法の概略情報があります。
既に Deep Learning の開発環境をお持ちの方も、また、これから導入を考えておられる方にも、何かのご参考になれば幸いです。

インテル® Xeon® プロセッサや、Xeon® Phi™ x200 プロセッサ(Knights Landing)を使用した場合の Deep Learning 開発に関しての情報はこちらをご覧ください。
(2017/04/08 更新)
GPU ハードウェア要件
Turing Architecture GPUs
プロセッサ ドライバー CUDA Toolkit DIGITS cuDNN
Frameworks
Caffe theano torch BIDMach Keras Another
Frameworks



Arcbrain Deep Learning GWS Middle Tower Chassis
株式会社アークブレインでは、Deep Learning(深層学習)を研究するための カスタム・オーダーメイドの ワークステーション(GPU × 1~4)や、サーバー(GPU × 1~4)を販売しております。

Intel® Xeon® Scalable Processor 搭載
Arcbrain オリジナル サーバー、ワークステーション製品 最新ラインナップ


GPUを使用せず、Intel® Xeon® / Core™ Processor、インテル® Parallel Studio、インテル® MKL(Math Kernel Library) の DNN(Deep Neural Network) プリミティブ、インテル® Distribution for Python® による Deep Learning(深層学習)の開発環境を構築することも可能です。

お気軽に弊社までお見積り依頼をお願いいたします。
ご希望の仕様に合った構成のカスタマイズに、ご対応させていただきます。

NVIDIA® Accelerated Computing Developer Program
NVIDIA® Deep Learning の開発環境(NVIDIA® CUDA、NVIDIA® DIGITS™、cuDNN等)を入手するためには、まず、Accelerated Computing Developer Program に登録する必要があります。
https://developer.nvidia.com/accelerated-computing-developer
NVIDIA® CUDA GPU driver
最新 CUDA GPU ドライバーのインストール NVIDIA® CUDA をインストールする前に、必ず NVIDIA® のドライバーのバージョンを確認してください。
最新のアーキテクチャーである Pascal Architecture を採用した GPU を使用した場合、 このアーキテクチャーに対応した最新のドライバーをインストールしませんと、ディープラーニングを高速化、並びに最適化することができないことがあります。
また、Pascal Architecture の GTX 1080 のような 最新のGPU を Linux® や Microsoft® Windows® をインストールした直後は、GPUのドライバーが自動的には入らず、文字入力も操作が重たくなってしまい、満足にできないようなことになってしまうことがあります。
NVIDIA® CUDA をインストールしますと、CUDAに付属の少し古いドライバーに戻ってしまいますが、OSのアップデートが一通り終わりましたら、画面がサクサク動いてくれるように、まず、最新のGPUドライバーをインストールすることをお勧めいたします。

$ cat /proc/driver/nvidia/version
NVRM version: NVIDIA UNIX x86_64 Kernel Module 367.35 Mon Jul 11 23:14:21 PDT 2016
GCC version: gcc version 4.8.4 (Ubuntu 4.8.4-2ubuntu1~14.04.3)

各GPU用の最新の Long Lived Driver は以下より、ダウンロードすることができます。
http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

●GeForce / Quadro 用 Version 384.69 2017.8.22 Linux 64-bit Japanese 77.06 MB
NVIDIA-Linux-x86_64-384.69.run 2017.8.22
http://www.nvidia.co.jp/download/driverResults.aspx/123199/jp
•Added support for the following GPU(s):
 Quadro P4000 with Max-Q Design
•Fixed an intermittent hang when using Vulkan to present directly to display with the VK_KHR_display extension. SteamVR was particularly affected by that hang.
•Disabled G-SYNC in desktop environments, such as Budgie, that use libmutter-0.so.
An existing rule to disable G-SYNC for libmutter.so no longer applied after the library was renamed to libmutter-0.so.
•Updated nvidia-installer to label kernel modules with SELinux file type 'modules_object_t'. Some system SELinux policies only permit loading of kernel modules with this SELinux file type.
•Removed support for checking for and downloading updated driver packages and precompiled kernel interfaces from nvidia-installer. This functionality was limited to unencrypted ftp and http, and was implemented using code that is no longer actively maintained.

●GeForce / Quadro 用 Version 375.39 2017.2.14 Linux 64-bit Japanese 73.68 MB
NVIDIA-Linux-x86_64-375.39.run 2017.2.14
http://www.nvidia.co.jp/download/driverResults.aspx/114941/jp
•Added support for the following GPU(s):
 Quadro GP100
 Quadro P4000
 Quadro P2000
 Quadro P1000
 Quadro P600
 Quadro P400
 Quadro M1200
 Quadro M2200
•Fixed a bug that caused system hangs when resuming from suspend with some GPUs.
•Fixed a regression that could cause corruption when hot-plugging displays.
•Fixed a regression that prevented systems with multiple DisplayPort monitors from resuming correctly from suspend.

●GeForce / Quadro 用 Version 367.44 2016.8.23 Linux 64-bit Japanese
NVIDIA-Linux-x86_64-367.44.run 2016.8.23
http://www.nvidia.co.jp/download/driverResults.aspx/106804/jp
•Added support for the following GPUs:
TITAN X (Pascal)
GeForce GTX 1060 6GB
GeForce GTX 1060 3GB
•Fixed a regression that caused applications using indirect GLX to crash.
•Fixed a regression introduced in 367.35 that caused the first modeset of the X server to display blank if the features requested in the X configuration file enabled the X driver's composition pipeline. This would be triggered, e.g., by MetaMode tokens such as ForceCompositionPipeline, ForceFullCompositionPipeline, Rotation, Reflection, and Transform.

●Tesla、CUDA Toolkit 7.5 用 Version 352.99 2016.8.1 Linux 64-bit Japanese
NVIDIA-Linux-x86_64-352.99.run 2016.8.1
http://www.nvidia.co.jp/download/driverResults.aspx/105667/jp

『NVIDIA® DIGITS™』をインストルする前提条件として以下のように、NVIDAドライバーのバージョンは、346またはそれ以降である必要があると規定されています。
NVIDIA driver version 346 or later.
If you need a driver go to
http://www.nvidia.com/Download/index.aspx

Linux x86_64/AMD64/EM64T ドライバー
●最新(2017/09/02時点)のLong Lived Branch バージョン: 384.69 2017.8.22
•Added support for the following GPU:
 Quadro P4000 with Max-Q Design

●最新(2017/04/08時点)のLong Lived Branch バージョン: 375.39 2017.2.14
•Added support for the following GPU(s):
 Quadro GP100, P4000, P2000, P1000, P600, P400, M1200, M2200

●最新の Short Lived Branch バージョン: 378.13 2017.2.3
•Added support for the following GPU(s):
 Quadro P3000
 Quadro GP100
 Quadro P4000
 Quadro P2000
 Quadro P1000
 Quadro P600
 Quadro P400
 Quadro M1200
 Quadro M2200

Linux AMD64 Display Driver Archive
http://www.nvidia.co.jp/object/linux-amd64-display-archive-jp.html

384.59 2017/07/24
375.82 2017/07/24

Ubunt に nvidia の 最新のGraphics Driver をインストール場合、必ず PPA(Personal Package Archives) repository を使用して、最新のドライバーをインストールしてください。
Linux の kernel には、標準で nouveau という NVIDIA の互換ドライバー(3Dのアクセラレーション無し) が組み込まれてあり、これが使用されています。
Runlevel 3 にて、
NVIDIA-Linux-x86_64-375.39.run
(GeForce Linux 64bit 用ドライバー) のようなドライバーを直接インストールしないでください。
nouveau が影響して、X-Window が正常に起動しなくなってしまいます。

また、ubuntu の場合、〔System Tools〕 → 〔システム設定(System Settings)〕 → 〔Additional Drivers〕 で、グラフィックス・ドライバーのバージョン管理をしていますが、直接インストールしてしまいますと、矛盾が生じてしまいます。

こちらのサイトに解説されているように、Repositoty を使ってインストールしますと、Ubuntu に正しく NVIDIA® のドライバーをインストールすることができます。

http://ubuntuhandbook.org/index.php/2016/07/nvidia-367-35-how-to-install/
Graphics Driver Team has made the new driver release into PPA, available for Ubuntu 16.04, Ubuntu 15.10, Ubuntu 14.04, Ubuntu 12.04, and the next Ubuntu 16.10.

Follow the steps below to add PPA and install the driver:
1. Add Graphics Drive PPA, by opening terminal (Ctrl+Alt+T) and running the command:

$ sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa

Or run the commands below one by one in terminal:

$ sudo apt update
$ sudo apt install nvidia-367

Finally restart your computer and done.
最後に、PCを再起動して、NVIDIA®の最新のCUDA GPUドライバーのインストール完了となります。
確認のため、インストールされた NVIDIA のドライバーのバージョンを確認してください。
$ cat /proc/driver/nvidia/version
NVRM version: NVIDIA UNIX x86_64 Kernel Module 367.44 Wed Aug 17 22:24:07 PDT 2016
GCC version: gcc version 5.4.0 20160609 (Ubuntu 5.4.0-6ubuntu1~16.04.2)
先頭へ戻る
Self-Paced
Courses
for
Deep
Learning

https://developer.nvidia.com/deep-learning-courses

Introduction to Deep Learning
Getting Started with DIGITS for Image Classification
Getting Started with the Caffe Framework
Getting Started with the Theano Framework
Getting Started with the Torch Framework
先頭へ戻る


Arcbrain Deep Learning GWS Middle Tower Chassis
株式会社アークブレインでは、Deep Learning(深層学習)を研究するための カスタム・オーダーメイドの ワークステーション(GPU × 1~4)や、サーバー(GPU × 1~4)を販売しております。

Intel® Xeon® Scalable Processor 搭載
Arcbrain オリジナル サーバー、ワークステーション製品 最新ラインナップ


GPUを使用せず、Intel® Xeon® / Core™ Processor、インテル® Parallel Studio、インテル® MKL(Math Kernel Library) の DNN(Deep Neural Network) プリミティブ、インテル® Distribution for Python® による Deep Learning(深層学習)の開発環境を構築することも可能です。

お気軽に弊社までお見積り依頼をお願いいたします。
ご希望の仕様に合った構成のカスタマイズに、ご対応させていただきます。


GPU ハードウェア要件
Turing Architecture GPUs
プロセッサ ドライバー CUDA Toolkit DIGITS cuDNN
Frameworks
Caffe theano torch BIDMach Keras Another
Frameworks

 
インテル® ソフトウェア開発製品 販売代理店
Intel® Software Development Products Resellers
Avast® Software パートナー
AVG® Reseller

株式会社アークブレイン
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚 2丁目47番1号
TEL 03-3375-8968
IP TEL 050-3334-0311 〔OCN〕
FAX 03-3375-8767

お問い合わせ、御見積依頼 はこちらからどうぞ

Copyright® 2019  Arcbrain Inc.