ブラウザーの【JavaScript】が無効になっているため、画面を正常に表示することができません!
SSD や NVMe で絶対にやってはいけない『禁止行為』 Prohibited Acts |株式会社アークブレイン
http://www.arcbrain.jp HOME へ        
 
SSD や NVMe で絶対にやってはいけない『禁止行為』
こちらは、「インテル® SSD(Solid State Drive)」をお使いになる場合の技術的な解説ページとなります
SATA AHCI SSD から、NVMe SSD へ
AHCI と NVMe の仕様の違い
インテル® SSD 535、540、730 シリーズ(M.2、SATA AHCI) と 750 シリーズ(NVMe)の比較
インテル® SSD NVMe のドライバー
インテル® Data Center Tool と インテル® SSD Toolbox
PC と NVMe を接続する方法(HHHL / U.2 コネクタ[SFF-8639])
物理 PCIe NVMe SSD のインストール手順
NVMe の OS ブートに対応したマザーボード・リスト(インテル® SSD 750 シリーズ)
SSD や NVMe で絶対にやってはいけない『禁止行為』
インテル® Optane™ SSD 900P Series 初回限定版 特価にて販売中!

SSD や NVMe で絶対にやってはいけない『禁止行為』
■デフラグ(defragmentation)
 HDDを使用している場合、賢明なPCユーザーであれば、時々、HDDの『デフラグ』を行い、不連続になったファイルの並びを、並び換えて、HDDのアクセスを少しでも高速にするということをやっていたはずです。
 しかしながら、SSD や NVMe の場合、『デフラグ』を、HDDのときと同じように頻繁におこなうことは、絶対にやってはいけません。
 なぜならば、SSD や NVMe で『デフラグ』をおこないますと、大量の『書込み処理』をおこなってしまい、寿命を急激に短くしてしまうからです。
 ここで、誤解をして欲しくないのですが、『デフラグ』をおこなえば、SSD、NVMe と言えども、アクセス速度は向上しますが、HDDのように頻繁にはおこなわないで欲しいという意味です。 インテル® Solid-State Toolbox のような、各メーカーごとの専用のユーティリティーで、メンテナンスすることをお勧めします。

 まずは、あなたのPCの『デフラグ』設定を確認してみてください。

ドライブの最適化とデフラグ
<[ドライブ] → [プロパティ] → [ツール] → [ドライブの最適化とデフラグ]
ドライブの最適化とデフラグ
初期設定で [ドライブの最適化] が設定されています。
ドライブの最適化とデフラグ
ドライブの最適化とデフラグ
[設定の変更]をクリックして、最適化のスケジュールの[スケジュールに従って実行する]の ✔ を取ってください。
これで一安心ですね。

このように、Microsoft® Windows® 10 + SSD の組み合わせでも、意外なことに、知らないうちに『毎週』デフラグがおこなわれています。
『インテル® Solid-State Drive Toolbox』をインストールしてあっても、この設定は、どうやら修正してくれていないようです。


■『ハイブリッド スリープ』や『休止状態』の設定をすると、SSDの寿命は極端に短くなります
 PCを一定の時間使用していませんと、まず「ディスプレイの電源」が切れ、ディスプレイが節電モードに移行し、50W程度あった消費電力が、1W程度以下の消費電力になります。
 更に、設定された時間が経過しますと、「スリープ状態」に移行し、メモリの内容は保持されますが、 DDR4メモリを採用した最近のインテル® 第6世代プロセッサー以降のPCであれば、何と1Wを切る消費電力に落ちます。
 標準では通常設定されていませんが、Microsoft® Windows® 7/8.x/10 には、『休止モード』という、『スリープ』より、更に節電可能なモードがあります。
 『休止モード』に入りますと、メモリの内容を、HDDやSSDの[hiberfil.sys]というシステムファイルに保存し、メモリへの電源供給を切ってしまいます。
 『スリープ』時に、万が一、電源の供給が切られてしまいますと、電源復旧時に、PCが元の状態に復旧することはできなくなってしまいます。

コントロールパネル システム セキュリティ
電源オプション バランス(推奨)
プラン設定の編集 プラン設定の変更:バランス
電源オプション:詳細設定 ハイブリッド スリープ、休止状態

 しかしながら、『ハイブリット スリープ』を有効にしておきますと、『スリープ』時でも、『休止』状態と同じように、メモリの内容を、[hiberfil.sys]にバックアップしますので、電源供給が切られても、元の状態に戻ることができます。
 何かと『ハイブリッド スリープ』や『休止状態』は、メリットがありそうに見えますが、しかしながら、SSDにとっては、非常に命取りとなってしまう恐れがあります。

 SSD の S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)情報の中には、総書込量(ホスト/NAND)という項目があり、 今までに、PC(ホスト)からSSDに対して、何GBの書込みがあり(総書込量 ホスト)、実際にSSDのNANDという種類のメモリーに書き込まれた総量は何GB(総書込量 NAND)という情報が記録されています。
 サーバー向けのSSDの場合は、総書込量(TBW:Tera Byte Written)という項目がはっきりと明記されていますが、一般個人ユーザー向けの安いSSDには、ほとんどのものはこの項目を発表していません。
 インテル 540s Series SSD の場合、以下の Product Specification(仕様書)で、総書込量の記述があります。
http://www.intel.com/content/dam/www/public/us/en/documents/product-specifications/ssd-540s-series-spec.pdf
 少し分かりにくい表現ですが、1日に40GBのホスト書込みを平均的におこなった場合であれば、インテルの5年間の限定保証があるということになります。

40GB x 365日 x 5年 = 73 TBW
20GB x 365日 x 5年 = 36.5 TBW(120 GB SSDの場合)

ここで、1年を365日として計算していますが、個人ユーザー向け製品の場合は、土日は使用しないということを前提で計算することもあり、それを考慮しますと、
40GB x 260日 x 5年 = 52 TBW
20GB x 260日 x 5年 = 26 TBW(120 GB SSDの場合)
というような総書込量(TBW)となります。

一方、データセンター向けの2.5インチ MLC SSDである インテル DC S3520 (SSDSC2BB240G701) の 耐久性評価 (書き込み上限数 Endurance Rating (Lifetime Writes)) はなんと 599 TBW にもなります。
https://ark.intel.com/ja/products/93012/Intel-SSD-DC-S3520-Series-240GB-2_5in-SATA-6Gbs-3D1-MLC
サーバーに使用するSSDは、同時に何十人、何百人もの人がアクセスしますので、 もし個人ユーザー向けのSSDを使用してしまいますと、あっというまに寿命になってしまいますので、十分ご注意願います。

CrystalDiskInfo 総書込量(ホスト/NAND)
総書込量(ホスト)15TBW に対して、総書込量(NAND)は57TBW と、かなり大きな値となっています。
ホストからの読み取りや、初回の書込みは、ページ単位(通常4KB)で処理できるのに対して、上書きの書込みや、消去はブロック単位(512KB×N)でおこなうため、このような数値になると考えられます。


■『休止状態』をサポートしないようにする方法
PCには、一般的に8GBとか、16GB位のメモリが搭載されています。
16GBのメモリを搭載した場合、[hiberfil.sys]は、12GBの大きさがあり、実際のメモリの使用量にも依存しますが、『ハイブリッド スリープ』や『休止状態』になるたびに、 最大12GBものデータが、PCからSSDに書き込まれてしまいます。
1日に、40GBの総書込量を想定していますので、『ハイブリッド スリープ』や『休止状態』になる度に、SSDに書込みがありますと、あっという間に、1日の想定書込み量に達してしまい、 SSDの寿命がどんどん短くなってしまうということは、容易に想像ができると思います。


管理者権限で、以下のコマンドを実行して、C:\hiberfil.sys をなくし、休止状態にできなくしてください。

powercfg.exe /hibernate off

このコマンドを実行後は、Windows のメニューから、『休止』の項目が全て表示されなくなります。
もし、休止状態をサポートしてしまいますと、休止状態に入るたびに 数ギガ(搭載メモリの1/3程度の大きさ)の書込みが発生し、SSDの寿命が極端に短くなってしまいます。

■仮想メモリの最小化
Microsoft Windows PC の仮想メモリの容量設定は、デフォルトでは、
「すべてのドライブのページングファイルサイズを自動的に管理する」
という設定になっています。

もし、PCのメモリ不足が発生した場合、仮想メモリを使い始めますが、大量の書込みが発生し、SSDの寿命を短くしてしまいます。
そのため、本PCでは、最低推奨値(200~800MB程度)に制限してください。

SSDやNVMe を搭載したPCは、『ハイブリッド スリープ』や『休止状態』の設定は行わないようにして、無駄なデータ書き込みを減らし、寿命を延ばすことを配慮していただきたいと思います。



Arcbrain Deep Learning GWS Middle Tower Chassis
株式会社アークブレインでは、Deep Learning(深層学習)を研究するための カスタム・オーダーメイドの ワークステーション(GPU × 1~4)や、サーバー(GPU × 1~4)を販売しております。

Intel® Xeon® Scalable Processor 搭載
Arcbrain オリジナル サーバー、ワークステーション製品 最新ラインナップ


GPUを使用せず、Intel® Xeon® / Core™ Processor、インテル® Parallel Studio、インテル® MKL(Math Kernel Library) の DNN(Deep Neural Network) プリミティブ、インテル® Distribution for Python® による Deep Learning(深層学習)の開発環境を構築することも可能です。

お気軽に弊社までお見積り依頼をお願いいたします。
ご希望の仕様に合った構成のカスタマイズに、ご対応させていただきます。


 
インテル® ソフトウェア開発製品 販売代理店
Intel® Software Development Products Resellers
Avast® Software パートナー
AVG® Gold Level Reseller

株式会社アークブレイン
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚 2丁目47番1号
TEL 03-3375-8968
IP TEL 050-3334-0311 〔OCN〕
FAX 03-3375-8767

お問い合わせ、御見積依頼 はこちらからどうぞ

Copyright® 2019  Arcbrain Inc.