ブラウザーの【JavaScript】が無効になっているため、画面を正常に表示することができません!
データ漏えいとは? データ漏洩はなぜ起きてしまうのかはフナ(What Is a Data Breach? How Do They Happen?)|株式会社アークブレイン
株式会社アークブレイン HOME

What Is a Data Breach?

データ漏洩とは?


AVG® Business Edition は オンプレミス版から、クラウド版に移行となります。
2021 年 12 月以降、オンプレミス版のAVG リモート管理製品(AVG Admin等)の販売と技術サポートは終了予定となります。

VPS(Virus Pattern Signatures:ウイルス・パターン定義)は、長期間提供予定です。
Avast® Business CloudCare、On-Premise版の AVG® Business Edition は、Windows® XP / Vista / Server 2003/R2 に対応した法人向けセキュリティソフトです。
今後、Avast® の管理コンソールは Avast® Business Hub(Avast®の新クラウド管理コンソール)に一本化される予定です。
インテル® ソフトウェア開発製品 販売代理店
Intel® Software Elite Resellers
Avast® Software パートナー
AVG® Gold Level Reseller

株式会社アークブレイン
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚 2丁目47番1号
TEL 03-3375-8968
IP TEL 050-3334-0311 〔OCN〕
FAX 03-3375-8767

※お問い合わせ、御見積依頼 はこちらからどうぞ



 
 
 
 




 
 
 

Management Console : Future Product Roadmap (English)
Management Console : Now in Development (English)
Management Console : Past Released Versions (English)
Management Console : User Manuals (English)



アバスト ビジネス クラウドケア コミュニティ/フォーラム
(英語、要ログイン)
Avast Business CloudCare Community (Forum) (English)
http://community.cloudcare.avg.com/
アバスト ビジネス クラウドケア Webhelp
Avast Business CloudCare - Webhelp (English)
アバスト ビジネス クラウドケア 日本語カタログ (PDF)
Avast Business CloudCare Japanese Brochure (PDF)
by Arcbrain Inc.

CloudCare Operational Status Updates (English)
https://status.cloudcare.avg.com/
CloudCare Support Phone & Email Contacts (English)
Sign in to CloudCare (English)



What Is a Data Breach?

データ漏洩とは?

※こちらのページは、 https://www.avast.com/c-b-what-is-a-data-breach を日本語に翻訳したページとなります。
機械語翻訳は、Google® のWEB翻訳を使用していますが、一部、修正をしています。

A data breach happens when data is accessed, modified, or deleted without authorization. Security weaknesses can lead to incidents ranging from an accidental data leak to a malicious database breach – and the effects can be devastating. Learn how data breaches happen and the steps you can take to protect yourself and your business.
データ漏洩は、許可なくデータにアクセス、変更、または削除された場合に発生します。セキュリティの弱点は、偶発的なデータ漏えいから悪意のあるデータベースの漏洩に至るまでのインシデントにつながる可能性があり、その影響は壊滅的なものになる可能性があります。データ漏洩がどのように発生するか、そしてあなた自身とあなたのビジネスを保護するためにあなたが取ることができるステップを学びましょう。

What-is-a-data-breach-Hero

How do data breaches happen?
データ漏洩はどのように発生するのでしょうか?

The majority of data breaches are rooted in three main areas:
データ漏洩の大多数は、次の3つの主要な 範疇に起因しています。

  1. Malicious attacks, which involve cybercriminals or insiders
    サイバー犯罪者や内部関係者が関与する悪意のある攻撃

  2. Human error, such as careless employees or contractors
    不注意な従業員や請負業者などのヒューマンエラー

  3. Systems glitches, including business process failures
    ビジネスプロセスの障害を含むシステムの不具合

Let’s take a look at the most common causes of data breaches.
データ漏洩の最も一般的な原因を見てみましょう。

Hamburguer menu icon

This article contains:
この記事の内容:

Distributed denial of service (DDoS attack)
分散型サービス妨害攻撃(DDoS攻撃)

Cybercriminals flood a target website or network with requests until its resources become unavailable to legitimate users, resulting in a denial of service. Although it is not a data breach in itself, a DDoS attack can be used to divert the attention of IT or security staff while malware is installed.
サイバー犯罪者は、正当なユーザーがそのリソースを利用できなくなるまで、ターゲットのWebサイトまたはネットワークにリクエストを殺到し、サービス拒否を引き起こします。それ自体はデータ漏洩ではありませんが、マルウェアのインストール中にDDoS攻撃を使用して、ITスタッフやセキュリティスタッフの注意をそらすことができます。

Ransomware
ランサムウェア(身代金を要求するマルウェア)

A form of malicious software (malware), ransomware allows cybercriminals to encrypt data on the target network and demand a ransom payment to restore it. In the event of a data breach, this may be combined with the attacker viewing, copying, or exporting data from the network before encrypting it and threatening a data leak if the ransom is not paid. However, it’s important to note that payment does not guarantee the safe return of data.
悪意のあるソフトウェア(マルウェア)の一種であるランサムウェアを使用すると、サイバー犯罪者はターゲットネットワーク上のデータを暗号化し、それを復元するために身代金の支払いを要求できます。データ漏洩が発生した場合、これは、攻撃者がネットワークからデータを表示、コピー、またはエクスポートしてから暗号化し、身代金が支払われない場合にデータ漏洩を脅かす可能性があります。ただし、支払いはデータの安全な返却を保証するものではないことに注意することが重要です。

SQL injection
SQLインジェクション(SQLに別のSQL分を注入)

Many web applications use SQL databases to store important data and sensitive information, such as customers’ usernames, passwords, and credit card details. In an SQL injection attack, cybercriminals exploit security flaws to manipulate the queries an application makes to its database, allowing them to access, modify, or delete data.
多くのWebアプリケーションは、SQLデータベースを使用して、顧客のユーザー名、パスワード、クレジットカードの詳細などの重要なデータや機密情報を保存します。 SQLインジェクション攻撃では、サイバー犯罪者は、セキュリティ上の欠陥を悪用して、アプリケーションがデータベースに対して行うクエリを操作し、データへのアクセス、変更、または削除を可能にします。

Phishing
フィッシング(詐欺)

(fishing, phreaking, sophisticated 等に由来した合成語?)

A cybercriminal may contact a victim by email, phone, or text message pretending to be a trusted contact. The attacker then convinces the victim to download malware or a virus – often by opening an attachment or clicking a link – or they may fool them into handing over data directly.
サイバー犯罪者は、信頼できる連絡先を装って、電子メール、電話、またはテキストメッセージで被害者に連絡する場合があります。次に、攻撃者は被害者にマルウェアウイルスをダウンロードするように説得します(多くの場合、添付ファイルを開いたり、リンクをクリックしたりします)。そうしないと、被害者をだましてデータを直接渡す可能性があります。

Criminal insider
犯罪者のインサイダー

A criminal insider is someone – often an employee or contractor who may or may not have legitimate authority to access sensitive information – who abuses their position in order to leak data. Their motivation is usually personal profit or to cause harm to the organization.
犯罪者のインサイダーとは、機密情報にアクセスする正当な権限を持っているかどうかにかかわらず、データを漏らすために自分の立場を悪用する人(多くの場合、従業員または請負業者)です。彼らの動機は通常、個人的な利益であるか、組織に害を及ぼすことです。

Accidental insider
偶然のインサイダー

Conversely, an accidental insider is someone who unintentionally causes a cybersecurity breach, such as falling victim to a phishing attack, using an unauthorized personal device, or through poor password management. Employees who have not had basic cybersecurity training are a vulnerability to their employer.
逆に、偶発的なインサイダーとは、フィッシング攻撃の犠牲になったり、不正な個人用デバイスを使用したり、パスワード管理が不十分だったりするなど、意図せずにサイバーセキュリティ違反を引き起こした人物です。基本的なサイバーセキュリティトレーニングを受けていない従業員は、雇用主にとって脆弱です。

Physical theft or loss
物理的な盗難または紛失

Any physical device, such as an unsecured laptop, hard drive, mobile phone, or USB containing sensitive information that is lost or stolen could put your business at risk.
安全でないラップトップ、ハードドライブ、携帯電話、USBなど、紛失または盗難にあった機密情報を含む物理デバイスは、ビジネスを危険にさらす可能性があります。

Examples of data breaches
データ漏えいの例

It may seem like large companies are the main targets of data breaches, possibly because they make headlines when it happens, but small businesses and individuals are equally at risk. The following data breach examples highlight just how much damage they can cause.
大企業がデータ漏えいの主な標的であるように思われるかもしれませんが、それはおそらくそれが起こったときに話題になるためですが、中小企業と個人は等しくリスクにさらされています。次のデータ漏洩の例は、それらが引き起こす可能性のある損害の大きさを示しています。

Cam4
カム4

In early 2020, Cam4, a small business that provides an adult streaming service, became the victim of one of the largest data breaches ever recorded. A misconfigured database allowed the release of 10.88 billion user records. The data stolen included customers’ personally identifiable information (PII) such as names, email addresses, and chat transcripts.
2020年の初めに、アダルトストリーミングサービスを提供する中小企業であるCam4は、これまでに記録された最大のデータ漏洩の1つの犠牲者になりました。誤って構成されたデータベースにより、108億8000万のユーザーレコードがリリースされました。盗まれたデータには、名前、電子メールアドレス、チャットの記録など、顧客の個人情報(PII)が含まれていました。

Yahoo

The popular email service, Yahoo, disclosed two data breaches in 2016, which affected all three billion of its user accounts.
人気のある電子メールサービスであるYahooは、2016年に2つのデータ漏洩を開示しました。これは、30億のユーザーアカウントすべてに影響を及ぼしました。

The first attack was initiated by a phishing email. Attackers were able to access the names, email addresses, passwords, dates of birth, and telephone numbers of users. The breaches wiped an estimated $350 million off the company’s market value, and several shareholders filed lawsuits following the disclosures.
最初の攻撃はフィッシングメールによって開始されました。攻撃者は、ユーザーの名前、電子メールアドレス、パスワード、生年月日、および電話番号にアクセスすることができました。違反は会社の市場価値から推定3億5000万ドルを一掃し、いくつかの株主は開示に続いて訴訟を起こした。

Equifax

The Equifax breach was entirely preventable. In 2017, hackers exploited an unpatched – but known – vulnerability in a system used to build the credit reporting agency’s web application.
エクイファックス漏洩が完全に予防可能でした。2017年、ハッカーは、信用報告機関のWebアプリケーションの構築に使用されたシステムのパッチが適用されていないが既知の脆弱性を悪用しました。

The data of more than 143 million individuals was compromised, including names, addresses, dates of birth, and even driving license information. The company reported that the breach cost $1.4 billion. Surprisingly, no fraud or identity theft cases have been connected with the incident.
名前、住所、生年月日、さらには運転免許証情報など、1億4300万人を超える個人のデータが危険にさらされました。同社は、違反の費用は14億ドルであると報告しました。驚いたことに、この事件に関連した詐欺や個人情報の盗難事件はありませんでした。

What are the laws around data breaches?
データ漏洩に関する法律はありますか?

Data privacy is covered by various laws and regulations around the world, and depending on where you or your customers are located, they may be different. If your business is a victim of a data breach, there are certain steps you must follow, so it’s important to know what is required of you. This will be affected by:
データのプライバシーは世界中のさまざまな法律や規制の対象となっており、あなたやあなたの顧客がどこにいるかによって、それらは異なる場合があります。あなたのビジネスがデータ漏洩の犠牲者である場合、あなたが従わなければならない特定のステップがあるので、あなたに何が必要かを知ることは重要です。これは次の影響を受けます:

The General Data Protection Regulation (GDPR)
一般データ保護規則(GDPR)

Widely considered the world’s strongest set of rules governing data protection, GDPR was put into force by the European Parliament in May 2018. Here is a brief overview of the requirements relating to data breaches:
データ保護を管理する世界最強の一連のルールと広く見なされているGDPRは、2018年5月に欧州議会によって施行されました。データ漏洩に関連する要件の概要は次のとおりです。

Regulations in the US
米国の規制

While the US doesn’t have a federal law governing notification following a data breach, certain states have their own data privacy laws, and you will need to be aware of the provisions for each. Well-known US regulations include the California Consumer Privacy Act (CCPA) and the Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA).
米国にはデータ漏洩後の通知を管理する連邦法がありませんが、特定の州には独自のデータプライバシー法があり、それぞれの規定に注意する必要があります。よく知られている米国の規制には、カリフォルニア消費者プライバシー法(CCPA)および医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)が含まれます。

What should I do if my data is stolen?
データが盗まれた場合はどうすればよいですか?

If you’re unlucky enough to be on the receiving end of a data breach disclosure, there are several things you can do to improve your security:
情報漏えいの開示の受信側にいるほど運が悪ければ、セキュリティを向上させるためにできることがいくつかあります。

How to prevent a data breach
データ漏えいを防ぐ方法

In 2020, the average cost per lost or stolen record in a data breach was $146, so the impact of a significant breach could be devastating, particularly for a small business. Fortunately, there is plenty you can do to make it harder for cybercriminals to infiltrate your systems and get their hands on your data.
2020年には、データ漏えいでのレコードの紛失または盗難あたりの平均コストは146ドルでした。そのため、特に中小企業にとって、重大な漏えいの影響は壊滅的なものになる可能性があります。幸いなことに、サイバー犯罪者がシステムに侵入してデータを入手するのを困難にするためにできることはたくさんあります。

Follow the steps below to ensure that you have a solid security foundation in place:
以下の手順に従って、強固なセキュリティ基盤が整っていることを確認してください。

1. Take care of the basics
1. 基本に注意してください

2. Promote employee awareness
2. 従業員の意識を高める

3. Update your starters and leavers process
3. スターターとリーバーのプロセスを更新します

4. Manage ongoing maintenance and planning
4. 継続的なメンテナンスと計画を管理します

Which vulnerabilities could result in a data breach?
どの脆弱性がデータ漏洩につながる可能性がありますか?

While cybercriminals are continuously devising new ways to detect and exploit business vulnerabilities, some security weaknesses can be easily prevented by implementing best practices. Here are some of the most common vulnerabilities and what to do about them.
サイバー犯罪者はビジネスの脆弱性を検出して悪用する新しい方法を絶えず考案していますが、いくつかのセキュリティの弱点は、ベストプラクティスを実装することで簡単に防ぐことができます。最も一般的な脆弱性のいくつかとそれらの対処法を以下に示します。

Weak or stolen passwords
パスワードが弱い、または盗まれた

Weak credentials are an easy win for cybercriminals. Create a requirement for employees to use unique, complex passwords for every account, and use two-factor authentication (2FA) on sensitive accounts.
弱い資格情報はサイバー犯罪者にとって簡単な勝利です。従業員がすべてのアカウントに一意の複雑なパスワードを使用し、機密性の高いアカウントで2要素認証(2FA)を使用するための要件を作成します。

Unsecure mobile devices
安全でないモバイルデバイス

If your employees use their personal devices for work – which they often do – you have far less control over security standards, such as passwords, who else has access to the device, and use of public Wi-Fi. Implement a bring your own device (BYOD) policy that sets out clear expectations for each employee, and spend some time on training to highlight the potential threats.
従業員が自分の個人用デバイスを仕事に使用する場合(よくあることですが)、パスワード、デバイスにアクセスできる他のユーザー、パブリックWi-Fiの使用などのセキュリティ標準を制御することははるかに困難です。各従業員に明確な期待を設定するBYOD(Bring Your Own Device)ポリシーを実装し、潜在的な脅威を強調するためのトレーニングに時間を費やします。

Outdated security
時代遅れのセキュリティ

If you are running software that has an update or patch available but not installed, you are exposing your business to risk. Ensure that all software is fully patched and updated.
アップデートまたはパッチが利用可能であるがインストールされていないソフトウェアを実行している場合、ビジネスをリスクにさらしていることになります。すべてのソフトウェアに完全にパッチが適用され、更新されていることを確認します。

Protect against data breaches with a layered antivirus solution
階層化されたウイルス対策ソリューションでデータ漏洩から保護します

The most effective way to safeguard your business is to follow best practices and use a wide range of security tools to build multiple layers of protection. Avast Business offers cybersecurity solutions that defend your business against data breaches using a combination of next-gen endpoint protection and cloud-based network security solutions. Keep your data in the right hands.
ビジネスを保護するための最も効果的な方法は、ベストプラクティスに従い、さまざまなセキュリティツールを使用して複数の保護層を構築することです。アバストビジネスは、次世代のエンドポイント保護とクラウドベースのネットワークセキュリティソリューションの組み合わせを使用して、データ漏洩からビジネスを守るサイバーセキュリティソリューションを提供します。データを適切に保管してください。








 
インテル® ソフトウェア開発製品 販売代理店
Intel® Software Elite Resellers
Avast® Software パートナー

株式会社アークブレイン
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚 2丁目47番1号
TEL 03-3375-8968
IP TEL 050-3334-0311 〔OCN〕
FAX 03-3375-8767

お問い合わせ、御見積依頼 はこちらからどうぞ

Copyright® 2021  Arcbrain Inc.