ブラウザーの【JavaScript】が無効になっているため、画面を正常に表示することができません!
株式会社アークブレイン HOME


 こちらのページは弊社より AVG をご購入されたお客様向けに作成しております。
 弊社よりご購入されましたお客様に対しましては、電話、電子メール等によるサポートをさせていただきますが、弊社以外 (http://www.avg.co.jp や他のリセーラー様等) よりご購入された場合は、一切のサポートを受けることができませんので、御了承願います。


Copyright (C) 2009, Arcbrain Inc.
AVG Network Installer Wizard Advanced Mode 日本語版の著作権は、株式会社アークブレインが所有します。
全部、もしくは一部を株式会社アークブレインの許可無く、複製、引用することはできません。

AVG Network Installer Wizard Advanced Mode
(AVG ネットワーク・インストーラ・ウィザード アドバンスト・モード)

Advanced mode (アドバンスト・モード)におけるAVG Network Installer Wizard (AVG ネットワーク・インストーラ・ウィザード) は、ワークステーションにリモートでAVG をインストールする、またはオンサイト・インストール用のインストール・スクリプトを作成することを可能にします。

Advanced mode (アドバンスト・モード)は、ユーザーのニーズに応じてインストール・スクリプト(機能性、パラメータ、AVG の活動)を手動で設定したいという、経験を積んだユーザーのために用意されています。

ウィザードは2つの方法で開始することができます:

  • Windows の[スタート] ボタンをクリックして、[すべてのプログラム]、[AVG 8.5 Remote Administration]、[AVG Network Installer Wizard] の順にクリックします。
  • AVG Admin Console が起動している環境にて、メニュー バーより [Tools] - [Install AVG on stations...] を実行します。

ウィザードはBasic mode (ベーシック・モード)、あるいはAdvanced mode (アドバンスト・モード)のいずれかで実行することができます。2番目のステップでAdvanced mode (アドバンスト・モード) オプションにチェックを入れることにより、Advanced mode (アドバンスト・モード)を選択することができます。Advanced mode (アドバンスト・モード) オプションが選択されていなければ、ウィザードはBasic mode (ベーシック・モード)で動作します(ほとんどのユーザーに推奨)。

本章はAdvanced mode (アドバンスト・モード)について記述します。


1. ようこそ


イメージ拡大

以前、AVG Network Installer Wizard (AVG ネットワーク・インストーラ・ウィザード) を使用しており、設定ファイル(最終ステップにおいて利用可能)にカスタマイズした設定をすでに保存したならば、ここでLoad settings (設定の読み込み) ボタンをクリックすることにより、その設定を読み込むことができます。

デフォルトでプリセットされたオリジナルの設定に戻すには、Default settings (デフォルトの設定) ボタンを押してください。

全インストール・プロセスの間、F2 キー、またはCTRL+S の組合せを押すことにより、いつでも設定の進捗状況を保存することができます。設定ファイル名を選ぶことが可能な、新しいダイアログが現われます。

続けるためには、Next ボタンをクリックしてください。


2. インストール方法

アドバンスト・モードで続けるために、Advanced mode (アドバンスト・モード) チェックボックスをチェックしてください。そうでなければ、AVG Network Installer Wizard Basic Mode (AVG ネットワーク・インストーラ・ウィザード・ベーシック・モード)の章に進んでください。


イメージ拡大

ダイアログ・ウィンドウはインストール・スクリプトの作成、および使用するために、2つのオプションの選択を提供します:

●  Remote network installation (リモート・ネットワーク・インストール)
このオプションは、ローカル・ネットワークにおいて利用可能なワークステーション(ドメインやActive Directory から選択されたコンピュータ、指定したIP アドレスの範囲に応じたコンピュータ、リストからインポートされたコンピュータ、等)にリモートでAVG をインストールすることを可能にします。

また、以前のAVG Datacenter からワークステーションを削除するために、このオプションを使用してもよいでしょう(そして新しいAVG Datacenter にそれらを転送するために)。
●  Creation of AVG installation script (AVG インストール・スクリプトの生成)
このオプションは、ローカルでのインストール、またはリムーバブル・メディア/ネットワーク・フォルダからインストールするためのインストール・スクリプト、およびバッチ・ファイルを作成することを可能にします。


3. Remote Network Installation (リモート・ネットワーク・インストール)


イメージ拡大

正確なリモート・インストールのために、ウィザードはまず、ターゲットになるワークステーションにAVG Agent サービスをインストールしてスタートさせ、次にAVG インストール・ファイルを転送し、インストールを適宜に処理します。

続行する前に、リモートAVG インストールに関するネットワークの必要条件、および例外を調査してください。

Network Requirements (ネットワーク必要条件)の章で、ポート設定の、より詳細な情報を見つけることができます。

リモート・インストールは、Windows XP Home ワークステーションでは自動的に可能ではありません。詳しい情報に関して、Windows XP Home Remote Installation (Windows XP Home リモート・インストール)の章を参照してください。


イメージ拡大

このステップ中に、以下のインストール・パラメータを定義することが必要です:

  • License information (ライセンス情報) - 名前、会社名、およびライセンス番号(必須の値)などの、ライセンス・データを入力してください。 Windows のユーザー名を名前欄に使用したい場合は、それぞれのチェックボックスを選択しないでください。また、使われるデフォルトのシステム設定を残してください。
  • Folder with the AVG installation package (AVG インストール・パッケージを置いているフォルダ) - AVG インストール・パッケージへのフルパスを入力するか、または適切なフォルダを選択するために
    イメージ拡大
    このボタンを使用してください。

    まだパッケージをダウンロードしていないなら、Download (ダウンロード) ボタンをクリックします。そしてウィザードを使用して、選択されたフォルダにインストール・ファイルをダウンロードしてください。Download (ダウンロード) ボタンの上側で、ダウンロードの進渉状況を見ることができます。
  • Proxy settings button (プロキシ設定ボタン) - インターネットに接続するためにプロキシ・サーバーを使用する必要があれば、Proxy settings (プロキシ設定)ボタンのクリックにより、プロキシ・サーバーの詳細を書き入れることができます。
  • License number change (ライセンス番号の変更) - このボタンを使用して新しいライセンス番号を入力し、ローカル・ワークステーション上にインストールされたAVG Remote Administration に適用してください。


イメージ拡大

このステップでは、デフォルト設定でAVG をインストールするか、またはカスタム・コンポーネントを選択してAVG をインストールするかを選ぶことができます。

  • Install AVG with default settings (デフォルト設定でAVG をインストール) - デフォルトのコンポーネントをインストールしたい場合は、このオプションを選んでください。
  • Select installation components (インストール・コンポーネントの選択) - インストール、またはアンインストールしたいAVG コンポーネントのリストを提示するツリー構造を見たい場合は、このオプションを選択してください。
    コンポーネントのリストから選択してください:
  • インストールしたいコンポーネントは、それらをこのようにマークしてください
    イメージ拡大
  • アンインストールしたいコンポーネントは、それらをこのようにマークしてください
    イメージ拡大
  • 空白のまま残すコンポーネントには、既定の設定が使用されます
    イメージ拡大
  • Remote AVG uninstallation (リモートでAVG のアンインストール) - AVG の削除を許可します。


イメージ拡大

Setup parameters (パラメータの設定)セクションでは、以下のオプションから選択することができます:

  • Quit setup if AVG 8.5 is already installed (すでにAVG8.5 がインストールされているなら、セットアップを止める) - AVG 8.5 がターゲットのワークステーションですでに存在する場合、リモート管理は続行しません。
  • Kill all running applications that prevent installation (インストールを妨げるすべての動作中のアプリケーションを止める) - リモート・インストールはインストール・プロセスを妨げるおそれがあるアプリケーションを強制的に終了します。通常これは、実行しているメール・クライアントかインターネット・ブラウザでありえます。
  • Hidden installation (バックグラウンドでの隠れて目立ちにくいインストール) - セットアップ・プロセスの間、現在ログインしているユーザーに情報をまったく表示しません。このチェックボックスのチェックを外すと、インストールは目に見えるようになります。そして、ユーザーは手動ですべてのステップを確認する必要があります。
  • Reboot the computer after finishing AVG 8.5 setup if needed (もし必要ならば、AVG 8.5 のセットアップを終えた後にコンピュータをリブートする) - とある場合には(例えば、ファイアウォール・コンポーネントをインストールした場合には)、インストール・プロセスを終えるために、コンピュータの再起動が要求されるかもしれません。
  • Notification delay before restart on remote station (リモート・ステーションを再起動する前の通知を遅延させる) - 直前のチェックボックスがチェックされているならば、再起動が始まるまでの遅延時間を定めることもできます。デフォルト値は10分です。

Setup properties (プロパティの設定)セクションでは、以下のオプションから選択することができます:

  • Where to install (インストール先) - インストール先として任意のフォルダを選択する場合は、ここにパスを入力することによって選ぶことができます。デフォルトの設定を維持することをお勧めします。
  • Setup language (言語の設定) - AVG インストールのためのカスタム言語を選んでください。
  • Select folder where AVG 8.5 setup LOG file will be stored (AVG8.5 セットアップ・ログ・ファイルを保存するフォルダの選択) - セットアップ・ログ・ファイル用に任意のフォルダを選択する場合は、ここでそれを選択してください(フォルダはターゲットのワークステーションに既存でなければなりません)。


イメージ拡大

このステップでは、次のオプションを利用できます。

注記: これらの設定について不明な点がある場合は、デフォルトのものを維持することをお勧めします。

  • Remote administration (リモート管理) - AVG DataCenter? connection string フィールドへ、AVG DataCenter? 接続文字列を入力してください。
    [AVG Admin 8.5 for Windows がインストールされているコンピュータの名前、またはIP アドレス]:4158
    該当する場合は、さらにUsername (ユーザー名)とPassword (パスワード)を入力します。AVG Admin Console によってワークステーションを制御したくない場合は、単にこのオプションのチェックを外してください。
  • Add new station into group (新しいワークステーションをグループに追加する) - 自動的に新しいワークステーションをカスタム・グループに追加したい場合は、ここでグループ名を選ぶことができます。
  • Custom update server (カスタム・アップデート・サーバー) - ワークステーションに使用したい既存のアップデート・サーバーがありましたら、このチェックボックスをチェックしてください。そして、そのアドレスを記入してください。


イメージ拡大

AVG Agent settings (AVG Agent の設定) セクションでは、以下のオプションが含まれています:

Log Level (ログレベル)オプションを使用すると、ログの詳細レベルを指定することができます:

  • Errors only (エラーのみ) - アプリケーションの実行に関連するエラーだけが記録されます - 不正な接続の試みや、ネットワークのタイムアウトなど。
  • Detailed (詳細) - ワークステーション上のサービスによって要求されたり、実行されたりしたオペレーションについての情報。
  • Debug (デバッグ) - プログラムの診断をカバーする非常に詳細な記録。このレベルを選択しますと、ログ・ファイルは非常に大きくます。
  • Logging off (ログ出力のオフ) - ログは保存されません(デフォルト)。

Logging off (ログ出力のオフ)以外のログ・レベル・オプションを選択すると、Log file name (ログ・ファイル名)フィールドはアクティブになります:

Log file name (ログ・ファイル名) - ログ・ファイルの名前を入力します。AVG Agent サービスは、リモート・ステーション(サービスがインストールされるべきであるところ)に選択された名前でログ・ファイルを保存します。絶対パス(例えば C:¥avgagent.log )を入力しなければ、avgagent.exe ファイルを含むディレクトリ(一般的には C:¥Windows あるいは C:¥WinNT ディレクトリ)が、ログ・ファイルを保存するのに使用されます。

注記: ログ・ファイルを保管するためのパスが変更されている場合、ログ・ファイルは自動的に削除されませんし、縮小されません! ログ出力機能を使用する場合は、それらを分析した後に手動でログを削除する必要があります。

  • Delete AVG Agent after AVG is installed (AVG のインストール後、AVG Agent を削除する) - このオプションは、AVG がうまくインストールされると、自動的にワークステーションからAVG Agent を削除します。
  • Delete service AVG Agent also on stations where the AVG Agent service have to be installed manually (AVG Agent サービスを手動でインストールしなければならないワークステーションからも、AVG Agent サービスを削除する) - このオプションは、自動的にAVG Agent をインストールできないワークステーションからも、AVG がうまくインストールされると、自動的にAVG Agent を削除します(推奨できません)。

このセクションの右部分は、以下のオプションを提供しています:

  • Ping (ピング) - リモート・ステーションのアベイラビリテイを検出する間に使用されるping 操作の数。ウィザードがすべてのping クエリーの応答を受信しなければ、ワークステーションが利用不可能であると見なし、それ以上ping 操作を試みません。
  • Port (ポート) - AVG Agent サービスが、ウィザードと接続するために使用するTCP/IP 通信ポート。デフォルト値は6150で、通常これを変更する必要はありません。
  • Timeout (タイムアウト) - AVG Agent とウィザード間の通信タイムアウト値(ミリ秒単位)。AVG Agent とウィザード間の通信プロセスが、指定した値以内に応答しない場合、接続はエラーで終了されます。非常に忙しいネットワークがあるか、またはAVG がインストールされているワークステーションが非常に遅いなら、接続タイムアウトのエラーを防ぐために、このタイムアウト値を増やすことができます。


イメージ拡大

ウィザードはワークステーションの状態を確認するために、最初に複数のワークステーションをスキャンする必要があります。そして、それからAVG をワークステーションにインストールします。

Network scanning method (ネットワークのスキャン方法)セクションでは、プルダウン・リストからワークステーションを抜粋するための適した方法を選びます。指定可能なオプションは以下のとおり:

  • All stations from the domain (ドメインのすべてのワークステーション) - このオプションは、ローカル・ドメイン内で利用できるすべてのワークステーションをスキャンします。
  • Enter an IP range (IP アドレスの範囲を入力) - このオプションを使用すると、特定のIP アドレスの範囲を選択できるようになります。
  • Import stations from file (ワークステーションをファイルからインポート) - 新しいダイアログが表示されます。そしてスキャンするワークステーションの一覧を含むファイルを選ぶことができます。そのようなリストは、AVG Remote Administration の以前のバージョン(7.5)から生成することができます。

    ソース・テキスト・ファイルは、1行当たり1つのワークステーション名を含んでいます。

    この話題に関する詳細な情報は、Migrate Stations from/to Different DataCenter? (異なるDataCenter? から/への ワークステーションの移行)の章で見つけることができます。
  • Select a single station (単一のワークステーションを選択) - このオプションで、特定のコンピュータ名(DNS 名)かIP アドレスを入力できます。
  • Select from Active Directory (Active Directory から選択) - Active Directory から直接、特定のワークステーションを選択することができます。

AVG Agent password (AVG Agent パスワード)セクションは、ウィザードとリモート・ステーション上のAVG Agent サービスの間の通信を保護するために、自由にパスワードを入力することができるPassword (パスワード)フィールドを含んでいます。設定されると、パスワードを知らずとも、ウィザードを使用する操作をリモート・ステーションに行うことができます。パスワードはAVG Agent サービスだけに関連します。そして、それは他のいかなるリモート・ステーション設定にも影響を及ぼしません。

Mask password (マスク・パスワード)チェックボックス - このオプションを選択すると、パスワードがコンピュータのモニターに表示されるのを防ぎます。

  • Check AVG version from AVG DataCenter? (AVG DataCenter? からAVG のバージョンをチェック) - ウィザードがAVG DataCenter? から、各ワークステーション上のAVG のバージョンについての情報を取得することを望む場合、このオプションをチェックしてください(利用可能な場合)。そのようなワークステーションとの最後のコンタクトからの最大時間を示す値(時間単位)をMaximum time since the last station was contacted (最後のワークステーションがコンタクトされてからの最大時間)フィールドに入力してください。

警告: AVG リモート・インストールは、Windows NT4/2000/2003/XP Professional がインストールされているワークステーションでのみ行うことができます。また、管理者としてログインされなければなりません。Windows XP Home を実行するワークステーションにおいては、AVG インストールを手動で、またはログイン・スクリプトとAVG Agent サービスを使用して行ってください(詳しい情報に関して、Windows XP Home へのリモート・インストールの章を参照してください)。

また、Network Requirements (ネットワーク必要条件)の章を見直す必要があるかもしれません。


3.1. All Stations from the Domain (ドメインのすべてのワークステーション)

ドメインのすべてのワークステーションに、AVG をリモートでインストールすることを選べば、以下のダイアログで、ドメイン内のすべての利用可能なワークステーションの一覧が表示されます:


イメージ拡大

ワークステーションの状態によって、次のオプションがあります:

Select all stations (ワークステーションをすべて選択) - リストのワークステーションをすべて選択する、またはすべて選択を解除します。Install (インストール)ボタンがアクティブになります。

Select stations without AVG (AVG がインストールされてないワークステーションを選択) - AVG をインストールしていない、またはAVG を検出することができないワークステーションだけを選択します。

Remote network installation - final steps (リモート・ネットワーク・インストール - 最終ステップ)の章に続いてください。そして、リモート・インストールの処理を完了してください。


3.2. Enter an IP Range (IP アドレスの範囲を入力)

IP アドレスの範囲に応じて、リモートでAVG をインストールすることを選べば、以下のダイアログが表示されます:


イメージ拡大

IP アドレスをここに入力して、スキャン範囲を指定する必要があります。From (〜から)フィールドに開始のIP アドレスを、To (〜まで)フィールドに終了のアドレスを入力します。Add (追加) ボタンをクリックして、リストにアドレスを追加してください。

右側のリストから範囲を削除するには、単に削除する項目を選択し、 Remove (削除)ボタンをクリックします。

IP アドレスの範囲を選択し終えたならば、続けるためにNext (次へ)ボタンをクリックしてください。Station selection (ワークステーションの選択)ウィンドウが表示されます:


イメージ拡大

ワークステーションの状態によって、次のオプションがあります:

Select all stations (ワークステーションをすべて選択) - リストのワークステーションをすべて選択する、またはすべて選択を解除します。Install (インストール)ボタンがアクティブになります。

Select stations without AVG (AVG がインストールされてないワークステーションを選択) - AVG をインストールしていない、またはAVG を検出することができないワークステーションだけを選択します。

Remote network installation - final steps (リモート・ネットワーク・インストール - 最終ステップ)の章に続いてください。そして、リモート・インストールの処理を完了してください。


3.3. Import Stations from File (ワークステーションをファイルからインポート)

注記: 通常このオプションは、別のAVG DataCenter? へワークステーションを移行するときに使用します。この話題に関する詳細な情報は、Migrate Stations from/to Different DataCenter? (異なるDataCenter? から/への ワークステーションの移行)の章を参照してください。

ファイルから選択したワークステーションに、AVG をリモートでインストールすることを選べば、ファイルを求めるダイアログが表示されます。ファイルの場所を指定して、選択を確認してください。ソース・ファイル形式はシンプルなテキスト形式で、1行当たり1つのワークステーション名を含んでいます。

終わりますと、Station selection (ワークステーションの選択)ウィンドウが表示されます:


イメージ拡大

ワークステーションの状態によって、次のオプションがあります:

Select all stations (ワークステーションをすべて選択) - リストのワークステーションをすべて選択する、またはすべて選択を解除します。Install (インストール)ボタンがアクティブになります。

Select stations without AVG (AVG がインストールされてないワークステーションを選択) - AVG をインストールしていない、またはAVG を検出することができないワークステーションだけを選択します。

Remote network installation - final steps (リモート・ネットワーク・インストール - 最終ステップ)の章に続いてください。そして、リモート・インストールの処理を完了してください。


3.4. Select a Single Station (単一のワークステーションを選択)

単一のワークステーションにのみ、AVG をリモートでインストールすることを選べば、以下のダイアログが表示されます:


イメージ拡大

Computer name (コンピュータ名)か、IP address (IP アドレス)フィールドのどちらかをクリックしてください。そして適切な名前かIP アドレスを入力してください。OK ボタンをクリックして選択を確認してください。 AVG をインストールするために選択されたワークステーションを調査するプロセスが始まります。終わりますと、Station selection (ワークステーションの選択)ウィンドウが表示されます:


イメージ拡大

ワークステーションの状態によって、次のオプションがあります:

Select all stations (ワークステーションをすべて選択) - リストのワークステーションをすべて選択する、またはすべて選択を解除します。Install (インストール)ボタンがアクティブになります。

Select stations without AVG (AVG がインストールされてないワークステーションを選択) - AVG をインストールしていない、またはAVG を検出することができないワークステーションだけを選択します。

Add one station (単一のワークステーションを追加) - 別の単一のワークステーションを追加することができます。

Remote network installation - final steps (リモート・ネットワーク・インストール - 最終ステップ)の章に続いてください。そして、リモート・インストールの処理を完了してください。


3.5. Select from Active Directory (Active Directory から選択)

ネットワークがドメインをベースとしているなら、Active Directory から選択されたワークステーションに、AVG をリモートでインストールすることを選ぶことができます。新しいダイアログがポップアップします(ワークステーションを選択するための標準的なWindows ダイアログ)。ワークステーション名を手動で入力するか、または検索のためのダイアログ拡張機能を使用することにより、複数のワークステーションを選ぶことができます(セミコロンによって値を区切る)。

終わりますと、Station selection (ワークステーションの選択)ウィンドウが表示されます:


イメージ拡大

ワークステーションの状態によって、次のオプションがあります:

Select all stations (ワークステーションをすべて選択) - リストのワークステーションをすべて選択する、またはすべて選択を解除します。Install (インストール)ボタンがアクティブになります。

Select stations without AVG (AVG がインストールされてないワークステーションを選択) - AVG をインストールしていない、またはAVG を検出することができないワークステーションだけを選択します。

Remote network installation - final steps (リモート・ネットワーク・インストール - 最終ステップ)の章に続いてください。そして、リモート・インストールの処理を完了してください。


4. Remote network installation - final steps (リモート・ネットワーク・インストール - 最終ステップ)

ワークステーションのリストで右クリックすると、より多くのオプションが利用可能です - 新しいコンテキスト・メニューが以下のオプションと共に表示されます:


イメージ拡大
  • Refresh (更新) - 再度スキャンして、リストの全ワークステーションの状態を再読み込みします。
  • Retrieve the installation log (インストール・ログを取得) - このオプションは、ワークステーションからインストール・ログを取得することを試みます(利用可能な場合)。

    注記: AVG のインストールが成功した場合は、AVG Agent は削除されます。したがってインストール・ログは取得することができません。

  • Export stations without AVG to a file (AVG がインストールされてないワークステーションをファイルにエクスポート) - このオプションは、AVG がインストールされていないワークステーションのリストを含むファイルを作成します。


イメージ拡大

また数秒の間、リスト上のワークステーションにマウスカーソルを合わせると、いわゆるツールチップが表示します。ツールチップは、ワークステーションの状態、およびその他詳細の概要を含んでいます。

続行する準備ができましたら、Install (インストール)ボタンをクリックしてリモート・インストールを開始してください。

リストからいくつかだけのワークステーションを選択すると、AVG インストールはこれらのステーションだけに実行されます。そうでなければ、インストールはすべてのリストされたワークステーションで実行されます。

あなたのアクセス権が、リモート・ワークステーション上のAVG Agent サービス・インストールに十分でなければ、インストール中にドメイン管理者のログイン/パスワードを要求されるでしょう。


イメージ拡大

管理者権限を持つユーザー名を入力します(Administrators グループのメンバーであるユーザー名)。OK をクリックして確認してください。

すべてのワークステーションのための共通の管理者アカウント(同じログイン名とパスワード)がなければ、すべてのワークステーションで個別に要求されます。

Cancel (キャンセル)ボタンを押すと、現在のワークステーションのインストールはスキップします。そして、ウィザードはリストの次のワークステーションへのインストールを続けます。

それから、AVG はワークステーションへ転送されインストールされます。もしインストールが成功すれば、各ライン上で分かるでしょう(しかしながら、ある程度の時間は進行にかかるかもしれません)。

すべてのワークステーションがインストール・ファイルを受け取り、インストールがそれら上で始まると、Next (次へ)ボタンをクリックすることによって、このダイアログを終わらすことができます。

注記: AVG Admin ConsoleStations / New stations の中、またはRemote administration 設定ダイアログ中に選択されたグループの中で、最近インストールされたワークステーションを確認できます。

リモート・インストールの何らかの失敗で正しくない状態で残されている、最近インストールされたワークステーションをリストするためには、Stations / Non-compliant stations をナビゲートしてください。

また、Windows Firewall が有効にされているWindows XP SP2 では、一度インストールされたAVG Agent は自動的に通信ルールを作成して、その実行とネットワーク通信を許可します。

最終ダイアログは、ワークステーションにおける動作状態の簡単な概要を含んでいます。


イメージ拡大

Save settings (設定を保存)ボタンをクリックすると、これまで選択した設定を保存することができます。このウィザードをもう一度実行するときに、最初に設定を読み込むことにより、それを再利用することができます。

Finish (終了)ボタンをクリックして、ウィザードを閉じてください。


5. Creation of AVG Installation Script (AVG インストール・スクリプトの生成)

Creation of AVG installation script(AVG インストール・スクリプトの生成)オプションを選択すると、ウィザードは選択したディレクトリにインストール・スクリプトを作成します。ディレクトリの内容物は、その後、CD やネットワーク・フォルダ、あるいはワークステーションに直接コピーし、インストールに使用されます。このオプションは、ネットワーク・ステーションやサーバーに、リモート・インストールの可能性を提供しません。


イメージ拡大

最初のステップは、このオプションの概要が含まれています。Next (次へ)をクリックして続行してください。


イメージ拡大

このステップ中に、以下のインストール・パラメータを定義することが必要です:

  • License information (ライセンス情報) - 名前、会社名、およびライセンス番号(必須の値)などの、ライセンス・データを入力してください。 Windows のユーザー名を名前欄に使用したい場合は、それぞれのチェックボックスを選択しないでください。また、使われるデフォルトのシステム設定を残してください。
  • Folder with the AVG installation package (AVG インストール・パッケージを置いているフォルダ) - AVG インストール・パッケージへのフルパスを入力するか、または適切なフォルダを選択するために
    イメージ拡大
    このボタンを使用してください。

    まだパッケージをダウンロードしていないなら、Download (ダウンロード) ボタンをクリックします。そしてウィザードを使用して、選択されたフォルダにインストール・ファイルをダウンロードしてください。Download (ダウンロード) ボタンの上側で、ダウンロードの進渉状況を見ることができます。
  • Proxy settings button (プロキシ設定ボタン) - インターネットに接続するためにプロキシ・サーバーを使用する必要があれば、Proxy settings (プロキシ設定)ボタンのクリックにより、プロキシ・サーバーの詳細を書き入れることができます。
  • License number change (ライセンス番号の変更) - このボタンを使用して新しいライセンス番号を入力し、ローカル・ワークステーション上にインストールされたAVG Remote Administration に適用してください。


イメージ拡大

このステップでは、デフォルト設定でAVG をインストールするか、またはカスタム・コンポーネントを選択してAVG をインストールするかを選ぶことができます。

  • Install AVG with default settings (デフォルト設定でAVG をインストール) - デフォルトのコンポーネントをインストールしたい場合は、このオプションを選んでください。
  • Select installation components (インストール・コンポーネントの選択) - インストール、またはアンインストールしたいAVG コンポーネントのリストを提示するツリー構造を見たい場合は、このオプションを選択してください。
    コンポーネントのリストから選択してください:
  • インストールしたいコンポーネントは、それらをこのようにマークしてください
    イメージ拡大
  • アンインストールしたいコンポーネントは、それらをこのようにマークしてください
    イメージ拡大
  • 空白のまま残すコンポーネントには、既定の設定が使用されます
    イメージ拡大
  • Remote AVG uninstallation (リモートでAVG のアンインストール) - AVG の削除を許可します。


イメージ拡大

Setup parameters (パラメータの設定)セクションでは、以下のオプションから選択することができます:

  • Quit setup if AVG 8.5 is already installed (すでにAVG8.5 がインストールされているなら、セットアップを止める) - AVG 8.5 がターゲットのワークステーションですでに存在する場合、リモート管理は続行しません。
  • Kill all running applications that prevent installation (インストールを妨げるすべての動作中のアプリケーションを止める) - リモート・インストールはインストール・プロセスを妨げるおそれがあるアプリケーションを強制的に終了します。通常これは、実行しているメール・クライアントかインターネット・ブラウザでありえます。
  • Hidden installation (バックグラウンドでの隠れて目立ちにくいインストール) - セットアップ・プロセスの間、現在ログインしているユーザーに情報をまったく表示しません。このチェックボックスのチェックを外すと、インストールは目に見えるようになります。そして、ユーザーは手動ですべてのステップを確認する必要があります。
  • Reboot the computer after finishing AVG 8.5 setup if needed (もし必要ならば、AVG 8.5 のセットアップを終えた後にコンピュータをリブートする) - とある場合には(例えば、ファイアウォール・コンポーネントをインストールした場合には)、インストール・プロセスを終えるために、コンピュータの再起動が要求されるかもしれません。
  • Notification delay before restart on remote station (リモート・ステーションを再起動する前の通知を遅延させる) - 直前のチェックボックスがチェックされているならば、再起動が始まるまでの遅延時間を定めることもできます。デフォルト値は10分です。

Setup properties (プロパティの設定)セクションでは、以下のオプションから選択することができます:

  • Where to install (インストール先) - インストール先として任意のフォルダを選択する場合は、ここにパスを入力することによって選ぶことができます。デフォルトの設定を維持することをお勧めします。
  • Setup language (言語の設定) - AVG インストールのためのカスタム言語を選んでください。
  • Select folder where AVG 8.5 setup LOG file will be stored (AVG8.5 セットアップ・ログ・ファイルを保存するフォルダの選択) - セットアップ・ログ・ファイル用に任意のフォルダを選択する場合は、ここでそれを選択してください(フォルダはターゲットのワークステーションに既存でなければなりません)。


イメージ拡大

このステップでは、次のオプションを利用できます。

注記: これらの設定について不明な点がある場合は、デフォルトのものを維持することをお勧めします。

  • Remote administration (リモート管理) - AVG DataCenter? connection string フィールドへ、AVG DataCenter? 接続文字列を入力してください。
    [AVG Admin 8.5 for Windows がインストールされているコンピュータの名前、またはIP アドレス]:4158
    該当する場合は、さらにUsername (ユーザー名)とPassword (パスワード)を入力します。AVG Admin Console によってワークステーションを制御したくない場合は、単にこのオプションのチェックを外してください。
  • Add new station into group (新しいワークステーションをグループに追加する) - 自動的に新しいワークステーションをカスタム・グループに追加したい場合は、ここでグループ名を選ぶことができます。
  • Custom update server (カスタム・アップデート・サーバー) - ワークステーションに使用したい既存のアップデート・サーバーがありましたら、このチェックボックスをチェックしてください。そして、そのアドレスを記入してください。


イメージ拡大

このステップでは、インストール・スクリプト・ファイルの名前、それらの記録媒体、およびその他オプションを指定できます。

File names definition (ファイル名の定義)では、これらのオプションを定義してください:

  • Name of the file to launch installation (インストールを開始するファイルの名前) - インストール開始のために使用するファイルの、カスタム・ファイル名を入力してください。ファイル拡張子は、.bat である必要があります。
  • Name of the script file with parameters (パラメータがあるスクリプト・ファイルの名前) - スクリプト・パラメータ・ファイルのカスタム・ファイル名を入力してください。ファイル拡張子は、.ini である必要があります。

Setup files location (セットアップ・ファイルの場所)では、これらのオプションを定義してください:

  • Select folder where the installation script file will be stored (インストール・スクリプト・ファイルを保存するフォルダの選択) - このチェックボックスをチェックして、インストール・スクリプトを保存するためのカスタム・ディレクトリを選んでください。
  • Create a subfolder for AVG 8.5 installation files (AVG 8.5 のインストール・ファイル用のサブフォルダの作成) - AVG セットアップ・ファイルをサブフォルダにコピーして保存したい場合、このチェックボックスをチェックしてください。
  • Create the AUTORUN.INF file (AUTORUN.INF ファイルの作成) - 挿入したら自動的にAVG インストールが開始するCD / DVD、またはUSB Flash ディスクに、スクリプトを置くことを計画している場合、このチェックボックスをチェックしてください。そうすれば、AUTORUN.INF ファイルは作成されるでしょう。
  • Enable relative paths (相対パスの有効化) - このオプションをチェックすることを推奨します。相対パスとは、現在のソース・ディレクトリに相対的であることを意味します(例えば、ソース・ディスク・ドライブ、およびパスを c:¥avginstallation にし、このオプションのチェックを外してしまうと、出力されたスクリプトは正確に同じパス( c:¥avginstallation )からインストール・ファイルを探してしまいます。パスは、恐らくスクリプトを実行するターゲット・ワークステーション毎に異なるでしょう。そのため、相対パスにしないと、スクリプトは動作しないでしょう)。


イメージ拡大

このステップは、セットアップと設定の両ファイルのプレビューを含みます。最初のタブは、セットアップ・ファイルについての情報を含んでいます。また、2番目はプリセット・ファイルについての情報を含んでいます。

まだ完了していないならば、Select folder where the script will be stored (スクリプト・ファイルを保存するフォルダの選択)セクションで出力パスを入力してください。

コンパイルして、選択した場所にインストール・スクリプトを保存するために、Create script (スクリプトの作成)ボタンをクリックしてください。


イメージ拡大

Save settings (設定を保存)ボタンをクリックすると、これまで選択した設定を保存することができます。単に最初に設定を読み込むことにより、このウィザードをもう一度実行する場合、それを再利用することができます。

Finish (終了)ボタンをクリックして、ウィザードを閉じてください。

生成したスクリプト・ファイルを使用する方法には、いくつかのオプションがあります。ここに、2つの最も一般的な例があります:

フォルダに保存されたスクリプトの使用:

  1. ワークステーションには、以前に選択したフォルダの全内容をコピーします。

    注記: スクリプトを保存するのにネットワーク・フォルダを使用したなら、ネットワークを介して、そのフォルダに直接移動できます。

  2. ワークステーション上でこのフォルダに移動して、AvgSetup?.bat ファイルを実行します。

  3. コマンドライン・ウインドウが表示され、インストールが始まります。

  4. インストールが完了すると、ウィンドウは自動的に閉じます。

さらに、リムーバブル・デバイス(例えば外部ハードディスク、USB フラッシュ・ディスクなど)に、スクリプトを置くこともできます。

リムーバブル・デバイスからのスクリプトの使用:

  1. リムーバブル・デバイスをワークステーションに挿入してください。

  2. 自動実行機能がワークステーションのオペレーティング・システムで有効にされており、スクリプトの作成中にAutorun.inf ファイルを作成することを選択した場合は、インストールが自動的に開始されます。

  3. そうでなければ、リムーバブル・デバイスのドライブレターを開いて、AvgSetup?.bat ファイルを手動で実行してください。

  4. コマンドライン・ウインドウが表示され、インストールが始まります。

  5. インストールが完了すると、ウィンドウは自動的に閉じます。





AVG は AVG Technologies社の登録商標です。
Microsoft®(その他商標登録商標名)は、米国 Microsoft® Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Windows®の正式名称は、Microsoft® Windows® Operating Systemです。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
Copyright (C) 2009, Arcbrain Inc.
AVG Network Installer Wizard Advanced Mode 日本語版の著作権は、株式会社アークブレインが所有します。
全部、もしくは一部を株式会社アークブレインの許可無く、複製、引用することはできません。


添付ファイル: file28_results of installation script creation.jpg 788件 [詳細] filecheck-box_uninstalled-mark.jpg 1936件 [詳細] filecheck-box_installed-mark.jpg 1963件 [詳細] filecheck-box_blank.jpg 1957件 [詳細] filebutton_select-folder.jpg 1968件 [詳細] file18_station selection.jpg 1988件 [詳細] file27_installation script preview.jpg 1949件 [詳細] file26_installation script options.jpg 1981件 [詳細] file25_remote administration settings.jpg 1949件 [詳細] file24_installation options.jpg 1908件 [詳細] file23_select components.jpg 1964件 [詳細] file22_installation settings.jpg 1899件 [詳細] file21_creation of avg installation script.jpg 1942件 [詳細] file20_results of remote installation.jpg 1934件 [詳細] file19_account settings.jpg 1975件 [詳細] file05_select components.jpg 1882件 [詳細] file01_welcome.jpg 1967件 [詳細] file16_station selection.jpg 1962件 [詳細] file15_station selection.jpg 1996件 [詳細] file14_enter a single station.jpg 1990件 [詳細] file13_station selection.jpg 1986件 [詳細] file12_station selection.jpg 1904件 [詳細] file07_remote administration settings.jpg 1884件 [詳細] file04_installation settings.jpg 1939件 [詳細] file11_ip ranges settings.jpg 1940件 [詳細] file06_installation options.jpg 1931件 [詳細] file09_network scanning.jpg 1988件 [詳細] file03_remote avg installation.jpg 1876件 [詳細] file08_detailed installation options.jpg 2018件 [詳細] file02_installation method.jpg 1952件 [詳細] file10_station selection.jpg 1915件 [詳細] file17_station selection.jpg 1893件 [詳細]

トップ   リロード   検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-01 (水) 00:00:00