ブラウザーの【JavaScript】が無効になっているため、画面を正常に表示することができません!
株式会社アークブレイン HOME

AVG Network Edition 8.5 をご利用中のお客様へ
AVG 8.5 から AVG 2011 へのアップグレード

 こちらで書かれてあることは、AVG Network Edition 8.5 (AVG Remote Administrator 8.5 を含む)をご利用中のお客様が、AVG Business Edition 2011 (AVG Remote Administrator 2011 を含む)にアップグレードする方法に付きまして述べておりますが、 AVG Business Edition 9.0(AVG Remote Administrator 9.0 を含む)をご利用中のお客様が、AVG 2011 にアップグレードする場合にも適応可能です。

AVG Business Edition 8.5 以外をご利用中のお客様へ

 AVG 9.0 から AVG 2011 に直接アップグレードすることには対応しておりますが(AVG 2011 をインストールすると、自動的に AVG 9.0 をアンインストールします)、公式には、AVG 8.5 から AVG 2011 へアップグレードすることは保証されておりません。
 AVG 8.5 から、AVG 2011 へ直接アップグレードすることは、弊社でテストしましたところ、一応は、AVG 8.5 が自動的にアンインストールされ AVG 2011 のインストールが行われるようですが、必ず正常に AVG 2011 がインストールされるとは限りません。
 もし、AVG 8.5 から AVG 2011に直接アップグレードを行って、何かトラブルが発生する場合は、一度、AVG 8.5 を完全にアンインストールしてから、AVG 2011 を新規インストールしてください。
 万が一、何かの原因により、AVG 8.5 のアンインストールがうまく行えない場合は、AVG Remover をご利用ください。

 手間はかかってしまいますが、AVG 8.5 から、一度、AVG 9.0 にアップグレードして頂き、AVG 9.0 を最新の状態にアップデートして頂き、その後で、AVG 2011 にアップグレードすることは可能でございます。
 しかしながら、条件によりましては、うまくアップグレードが行えない場合も、全く可能性としましてはゼロではございません。

 一番確実な方法は、一度、AVG 8.5 を完全にアンインストールしてから、AVG 2011 を新規にインストールされることをお奨めいたします。


AVG Business Edition 8.5 をご利用中のお客様へ

 AVG 9.0 と AVG Admin 9.0 がインストールされている環境であれば、先に AVG Admin 9.0 から AVG Admin 2011 にアップグレードし、その後で、複数のワークステーションをリモートで AVG のインストールをすることが可能です。
 しかしながら、AVG Admin 8.5 から、AVG Admin 2011 にいきなりアップグレードしてしまいますと、AVG 8.5 のワークステーションを全く認識できなくなってしまい、AVG 2011 のリモート・インストールをすることができません。
 そのため、非Business Edition の時と同じように、一度、AVG 9.0 にアップグレードして頂いてから、その後で AVG 2011 にアップグレードして頂く必要がございます。

AVG Admin 8.5 を AVG Admin 9.0 にアップグレード

 まず、AVG Admin 8.5 を AVG Admin 9.0 にアップグレードしてください。
 まだ、AVG Admin 2011 の日本語解説ページはできておりませんので、AVG 9.0 リモート管理 インストール・マニュアル(日本語版) を参考にして、ワークステーションの AVG 8.5 を AVG 9.0 にアップグレードしてください。

[ツール] →
[AVG をステーションにインストール]

より、ウィザードを起動することにより、AVG のリモート・インストールができます。
 AVG Admin 9.0 より、いきなり AVG 2011 にアップグレードできれば作業が早くできるのですが、残念ながら、AVG Admin 9.0 は、AVG 2011 のインストールファイルを AVG 9.0 用のインストールファイルとしては認識しないため、直接インストールすることはできません。

AVG Admin 9.0 を AVG Admin 2011 にアップグレード

 まだ、AVG Admin 2011 の日本語解説ページはできておりませんので、AVG 9.0 リモート管理 インストール・マニュアル(日本語版) を参考にして、AVG Admin 9.0 を AVG Admin 2011 にアップグレードしてください。
 AVG Admin 2011 には、ファイル名に「x86」 という文字を含んだ 「32bit版」 と、「x64」という文字を含んだ 「64bit版」 がありますので、適切なものをインストールしてください。
 AVG Admin 2011 が完了しましたら、「ツール」→「AVG をステーションにインストール」より、ウィザードを起動して、ワークステーションの AVG 9.0 を AVG 2011 にアップグレードしてください。

 何かの理由により、リモートで AVG 2011 のインストールが出来ない場合は、AVG Network Installer Wizard を参考にして、インストール・スクリプトを作っておきますと、CD を PC にセットするだけで、御社の環境に合わせた設定で、自動インストールすることが可能となります。


リモートインストールがうまくできない場合の原因

Active Directory (ドメイン) が導入されてない場合

 AVG Admin に接続されている ワークステーション が全てドメインに属していれば(Active Directory が導入されてあれば)、管理者権限を持つアカウント名とパスワードが一元管理されますので、トラブルは少ないのですが、ドメインに属していない場合は、PC 毎に管理者権限を持つアカウント名とパスワードが異なってしまう場合があります。AVG Admin を使ってリモートインストールを行う場合は、Administrator のパスワードを全部のPCで同じにするか、他の管理者権限を持つ共通のアカウントとパスワードの設定を必ず行ってください。

AVG Agent が正常に動作しない場合

 AVG Agent が正常に動作していませんと、AVG Admin が、リモートの PC にアクセスすることができません。
 原因のひとつは、管理者権限を持つ共通のアカウントがないこととなりますが、Windows XP 特有の問題としまして、ネットワークのセキュリティポリシーを操作して頂く必要がある場合がございます。

[スタート] →
[設定] →
[コントロールパネル] →
[管理ツール] →
[ローカルセキュリティポリシー] →
[セキュリティ設定] →
[ローカルポリシー] →
[セキュリティオプション] →
[ネットワークアクセス: ローカルアカウントの共有とセキュリティモデル]
初期値:[ローカルユーザーをゲストとして認証]
変更値:[ローカルユーザーをそれ自体として認証]

これを実証するには、AVG Admin がインストールされた ソースコンピュータ で
[スタート] →
[ファイル名を指定して実行]
または、
[検索の開始]
と表示された箇所を開き、
¥¥<target_machine_name>¥C$
というようなパスを入力します。

例:

 \\tester\c$
 \\192.168.1.10\C$

 次に、[Enter] を押してください。
 Explorer が起動して、目的のPCの C:¥ のディレクトリが表示されれば、問題ありませんが、ID と パスワードーを尋ねてくるような画面が表示されてしまうような場合は、目的のリモート PC にアクセスすることができません。

リモートインストールで使用するポート

 ネットワークでファイアウォールを使用する場合は、以下のポートで通信を許可し、AVG をリモートでインストールする必要があります。

1: Ping (ICMP type 0 - 受信エコーリクエスト) - ネットワークでリモートステーションを検出するために必要です。
2: Microsoft ファイルとプリンタの共有 (TCP ポート139, 445およびUDPポート137,138) - AvgAgent? ツールをリモートコンピュータにAdmin$ sharingを使用してコピーするために必要です。
3: RPC: Remote Procedure Call (TCP および UDPポート 135) - AvgAgent?サービスを目的PCで起動するために必要です。
4: TCPポート番号 6150 での AVG ネットワークインストールウィザードに対する通信および AvgAgent? 共通通信。このポートを使用して、AVG ネットワークインストールウィザードは、AvgAgent? ツールを制御し、ターゲットステーションに AVG インストールファイルをアップロードします。

参考URL
http://www.avg.com/us-en/faq?num=1185
http://www.avg.com/jp-ja/faq.num-1131.pnuid-1253865869


AVG を自動でインストールするためのスクリプト・ファイル

 AVG Network Installer Wizard Advanced Mode より、AVG の自動インストールに必要な autorun.inf、AvgSetup?.bat、AvgSetup?.ini を生成することができますが、一例をご紹介させて頂きます。
 これらのファイルと、AVG のインストール・ファイル本体を、CD、CD-RW、DVD、DVD-RW、USBメモリ等にコピーしたり、焼きこむことにより、メディアを入れるだけで、細かい設定をせずにAVGを思い通りの設定でインストールすることが可能となります。
 以下は、AVG 8.5 と AVG 2011 をスクリプトを使って自動インストールされる場合のサンプルファイルです。
 サーバー情報、ライセンス番号等は各社、各学校によって異なりますので、AVG Admin 2011 の AVG Network Installer Wizard を使って、ファイルを自動作成してください。

AVG 8.5 の場合の自動インストール・スクリプト・ファイル例

autorun.inf

[autorun]
open=AvgSetup.bat
shell\install\command=AvgSetup.bat
shell\install=Install &AVG 8.5

AvgSetup?.bat

@ECHO OFF
REM AVG Setup Batch
SET SETUP="%CD%\Setup\avg_ipw_stf_all_85_339a1525.exe"
IF NOT EXIST %SETUP% GOTO NoSetup

REM Start AVG Setup
%SETUP% /SCRIPT_FILE "%CD%\AvgSetup.ini" %1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9

if %ERRORLEVEL% EQU 1 goto AvgErr
goto End

:AvgErr
ECHO Error while installing AVG
goto End

:NoSetup
ECHO Missing installation files

REM Continue batch processing
:End
ECHO setup returned %ERRORLEVEL%

AvgSetup?.ini

HIDE:
AUTOPROFILE: OFF
LICNO_CODED: "xxxxxxxxxxxxxD1fJQ38xoS23pSsvARSxIeQPEjIBxP01Ng9fhJFLhqotB8wfYlnpVAy2NjYj9T6BokAFzeMBYpiUVpOquv0KvdzSiPETVkMhwtU2gtWnZoab=" 
NORESTART:
QUIT_IF_INSTALLED:
LANGID: 0x411 
NAME: "Arcbrain Inc." 
COMPANY: "Arcbrain Inc." 
DCPATH: "administrator:admin@ARCWS23SERVER0:4158" 
UPDATE_SERVER: "|+http://ARCWS23SERVER0:4158/avgupdate/|+http://update.avg.com/softw/80/update/|+http://backup.avg.cz/softw/80/update/|" 
ADD_FEATURE: fea_AVG_Firewall
ADD_FEATURE: fea_AVG_HttpScanner
ADD_FEATURE: fea_AVG_SafeSurf
ADD_FEATURE: fea_AVG_SafeSearch
ADD_FEATURE: fea_AVG_Exchange_plugin
ADD_FEATURE: fea_AVG_EMC
ADD_FEATURE: fea_AVG_Antispam
ADD_FEATURE: fea_AVG_Office_2000_plugin
ADD_FEATURE: fea_AVG_Cl
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_CS
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_CZ
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_FR
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_GE
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_HU
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_IT
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_JP
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_NL
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_PB
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_PT
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_PL
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_SC
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_SK
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_SP
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_DA
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Language_US
REMOVE_FEATURE: fea_AVG_Bat_plugin

AVG 2011 の場合の自動インストール・スクリプト・ファイル例

 AVG 2011 のインストール・ファイルは、Setupというサブディレクトリの下に置く様に設定してあります。
 AVG 2011 では、32bit用と64bit用の二つのインストール・ファイルがコピーされます。

 ファイル構成例

autorun.inf
AvgSetup.bat
AvgSetup.ini
Setup\avg_ipw_x86_all_2011_1136a3181.exe
Setup\avg_ipw_x64_all_2011_1136a3181.exe

 Windows OS の種類とセキュリティ設定により異なりますが、
 UILevel=Minimal
 と設定してある場合は、以下の三つのファイルを実行するときに、許可の確認がありますが、その他は自動的にインストールが行われます。

 autorun.inf
 AVGsetup.bat
 AVG インストール・ファイル

autorun.inf

 こちらは、ほとんどの場合、このままで修正の必要はないと思います。

[autorun]
open=AvgSetup.bat
shell\install\command=AvgSetup.bat
shell\install=AVG 2011 Business Edition をインストール

AvgSetup?.bat

 こちらも、ほとんどの場合、このままで修正の必要はないと思います。
 AVG 2011 では、Windows OS の環境変数をチェックし、32bitかそれとも64bitかを判断し、インストール・ファイルを自動選択します。

@ECHO OFF
REM AVG Setup Batch
IF NOT DEFINED PROCESSOR_ARCHITEW6432 (
IF %PROCESSOR_ARCHITECTURE% EQU x86 (
SET SETUP="%CD%\Setup\avg_ipw_x86_all_2011_1136a3181.exe"
) ELSE (
SET SETUP="%CD%\Setup\avg_ipw_x64_all_2011_1136a3181.exe"
)) ELSE (
SET SETUP="%CD%\Setup\avg_ipw_x64_all_2011_1136a3181.exe"
)
IF NOT EXIST %SETUP% GOTO NoSetup

REM Start AVG Setup
%SETUP% /ConfigFilePath="%CD%\AvgSetup.ini" /MandatoryOnly /AvgCfgFilePath="%CD%\remoteinst.pck" %1 %2 %3 %4 %5 %6 %7 %8 %9

if %ERRORLEVEL% EQU 1 goto AvgErr
goto End

:AvgErr
ECHO Error while installing AVG
goto End

:WrongPlatform
ECHO Installation file does not support this OS platform(x86 vs x64)
goto End

:NoSetup
ECHO Missing installation files

REM Continue batch processing
:End
ECHO setup returned %ERRORLEVEL%

AvgSetup?.ini

 こちらのサンプルでは、
 UILevel=Minimal としてあり、、進捗状況だけを表示します。経過が表示されますので、お勧めの UILevel です。
 UILevel=Silent とすると、非表示となります。進捗状況が全く表示されませんので、ご注意下さい。
 UILevel=Normal とすると、通常通り、インターラクティブその都度質問されてしまいますので、こちらの設定を使用することはまず必要ないでしょう。

 SelectedLanguage?=0x411 となっていますので、インストール言語は「日本語」となります。
 SelectedLanguage?=0x409 とすると、インストール言語は、「英語」となります。

LicenseKeyCoded=SDkYPy5hfCRaA0xbBXldPwc9LnIaJzMDOTMeDkNOYCdEAGIoba==
AppMode=setup
UserName=Arc Taro
CompanyName=Arcbrain Inc.
UILevel=Minimal
KillProcessesIfNeeded
SelectedLanguage=0x411
EnableWinFW
DataCenterCoded=HRJcAQhdGgQFVBEAR14fGQ8FCEBEBxhHESlldiI0YiZbAGQjI3FYWQENREYATQ==
StationGroup=arcbrain-domain
UpdateServerCoded=DFxdAR1DDV9YWBAAR1YeWkEHCFdeBB5aG1NDVgMEQhobV3cmNmc2PmAFQyRmIS0eB0JNAURcCxgRAVIAGVdWBBIaCUJbQwQHD1pGRkcUFkEQR1JBF1lWGgQcRB8RQQJGAgdfAkURCEdSXwseHR1HR0pYGhcIUFwFBxsUH1QZEw0aBgZVQwdYBEVGRkcUFkEQRk8=
InstallToolbar=1
InstallFeatures=fea_AlertMg;fea_SysTool;fea_GUI__Gadg;fea_IDP;LinkScnFea;fea_SrchSrf__Search;fea_SrchSrf__Surf;EmailPluginsFea;fea_Emails__Outlook;fea_Emails__Bat;fea_Emails__EMC;fea_FW;fea_OnlnSc;LanguagesFea;fea_lng_cz;fea_lng_da;fea_lng_es;fea_lng_fr;fea_lng_ge;fea_lng_hu;fea_lng_id;fea_lng_in;fea_lng_it;fea_lng_jp;fea_lng_ko;fea_lng_ms;fea_lng_nl;fea_lng_pb;fea_lng_pl;fea_lng_pt;fea_lng_ru;fea_lng_sc;fea_lng_sk;fea_lng_sp;fea_lng_tr;fea_lng_us;fea_lng_zh;fea_lng_zt;fea_Office;fea_SetMgr;SrvAddInFea;fea_SrvAddI__Shrp;fea_Client;

AVG Network Edition 8.5 から AVG Business Edition 2011 にアップグレードする
弊社お奨めの方法

 まず、AVG Admin 8.5 を AVG Admin 9.0 にアップグレードする。
 AVG Admin 9.0 をインストールすれば、自動的に、AVG Admin 8.5 をアンインストールします。

 次に、続けてAVG Admin 9.0 を AVG Admin 2011 にアップグレードする。
 AVG Admin 2011 をインストールすれば、自動的に、AVG Admin 9.0 をアンインストールします。

 AVG Admin 2011 の AVG Network Installer Wizard より、御社用の AVG インストール・スクリプト と ディスク・イメージを作成する。
 作られたディスク・イメージを、CD-RW、DVD-RW、USBメモリ等にコピーする。
 インストール中は、数回再起動が必要(旧AVGのアンインストール時、AVG 2011 のインストール完了時)となり、また、かなり待ち時間がございますので、御社のPCの台数にもよりますが、5から10個のインストールメディアを作成し、効率良くインストールできるようにすることをお奨めいたします。

 自動インストールが終了したら、AVG Admin 2011 より認識できることを確認する。



AVG Technologies 社 Gold Level Reseller
株式会社アークブレイン http://arcbrain.jp/
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-62-3 アルス笹塚2F-4
TEL 03-3375-8968 FAX 03-3375-8767


トップ   リロード   検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-11 (水) 00:00:00