http://www.arcbrain.jp HOME へ      インテル株式会社:ArcEC2 ショッピングサイト      インテル Parallel Studio XE 2018:インテル ソフトウェア開発製品 販売代理店      AVG Technologies ビジネス・セキュリティ製品     

AVG Remote Admin Console を使って、AVG ビジネス エディション をアップグレードする方法

AVG Technologies 社の
ビジネス・エディションは
こちらからご購入いただけます
株式会社アークブレイン ショッピングサイト ArcEC2

Tax Exemption
Arcbrain Inc. is a Tax Exemption Designated Store for foreign establishment
Designated Store
株式会社アークブレイン
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚 2丁目47番1号
TEL 03-3375-8968
IP TEL 050-3334-0311 〔OCN〕
FAX 03-3375-8767

お問い合わせ、御見積依頼 はこちらからどうぞ
AVG® ビジネス・エディション テクニカル・サポート・メニュー
ランサムウェア(RANSOMWARE:身代金要求型)というマルウェア(Malware)のサイバー攻撃にご注意ください。
セキュリティソフトウェアをインストールする前の注意点
AVG® Remote Admin リモート管理コンソール - お勧めの「ステーション共有設定」 設定方法
AVG® Remote Admin リモート管理コンソール - お勧めの「スケジュール・スキャン」設定方法
AVG® Remote Admin Console を使って、「ステーションの共有 ファイアウォール設定」をおこなう方法
AVG® Remote Admin Console を使って、AVG® ビジネス エディション をアップグレードする方法
「AVG® ビジネス エディション 2016」 へのアップグレードに失敗した場合の対処方法
(AVG® Remover)
『AVG® アンチウイルス for Android™ - ビジネス』 サポート
"AVG® AntiVirus for Android™ - Business" Support
AVG® サーポート Wiki
AVG® ビジネス・エディション 製品ラインナップのご紹介

AVG Remote Admin Console を使って、AVG ビジネス エディション をアップグレードする方法
AVG Remote Admin に接続している ワークステーション であれば、AVG Remote Admin Console より、 「AVG アンチウイルス ビジネスエディション」 や 「AVG インターネットセキュリティ ビジネスエディション」 のバージョンを 2013 から 最新版の 2016 に アップグレード することが可能です。
尚、この作業をおこなう前に、必ず AVG Remote Admin Console のバージョンを、プログラムの上書きインストールにより、2016にアップグレードしてからおこなってください。
AVG Remote Admin Console の最新版である 2016 は、AVG 2013 のワークステーションは認識できますが、AVG 2012 以前のワークステーションは認識できませんので、 以下の方法により AVG のアップグレードをおこなうことはできませんので、ご注意願います。

残念ながら、共有設定の「プログラムアップデート」から、全ての ワークステーション のAVGのバージョンを上げることはできませんので、一台ずつアップグレードすることになります。

まず、AVG をアップグレードしたいステーションを選択して、マウスの右ボタンをクリックすると、以下のようなメニューが表示されます。

更新関連のタスク

[更新関連のタスク]->[プログラムアップデートの実行を確認]を選択し、クリックしてください。

更新関連のタスク->プログラムアップデートの実行を確認

以下のような、[プログラムアップデートの実行を要求]というウインドウが開きます。
デフォルトは、[通常の2013アップデート]になっています。

プログラムアップデートの実行を要求-通常の2013アップデート

[AVG 2016]にアップグレードする場合は、[AVGの最新バージョンに今すぐアップグレードする]を選択して、[OK]をクリックしてください。

AVGの最新バージョンに今すぐアップグレードする

AVG 2016 へのアップグレードは、バックグラウンドで、ひっそりと行われます。
特に、確認画面は表示されません。
インターネットの回線速度や、PCの性能により、AVG 2016 のダウンロード、並びにインストールにかかる時間は異なりますが、早くても20分程度、遅い場合は1時間以上もかかる場合があります。
AVG 2016 へのアップグレードが無事完了しますと、AVG Remote Admin Console で、確認することができます。
もし、一時間程度待っても、AVG のバージョンが2016にならない場合は、再度、「AVGの最新バージョンに今すぐアップグレード」をおこなっても構いません。
「アップグレード失敗」となる場合もありますが、そのエラーがでる場合は、「アップグレード」が進行中の場合に出るエラーですので、慌てないで、もう少し待ってみてください。

再起動要求

以下のように、[再起動要求]マークが表示されますので、必ず再起動をおこなってください。
ほとんどの場合、プログラムのバージョンが、更に新しいものにアップグレードが可能ですので、プログラムの更新をおこなったあと、再度再起動が必要となる場合があります。

AVG スクリプト を使って、AVG ビジネス エディション をアップグレードする方法
AVG Remote Admin Console より インストール・スクリプトを作成し、CD、DVD、USBメモリを使って、インストールする方法です。
ライセンス番号や、AVG Remose Admin をインストールしてあるサーバーのIPアドレス情報、その他のインストール設定情報等が設定してありますので、簡単にお客様のワークステーションのインストールをおこなうことが可能です。
詳細に関しましては、以下のページより、該当製品のPDFマニュアルをダウンロードして、参考としてください。
AVG の日本語マニュアルダウンロード ページ

AVG アンチウイルス ビジネスエディション(AntiVirus Business Edition) 日本語マニュアル
「4.6. AVG インストール スクリプトの作成」 P52

AVG インターネット セキュリティ ビジネスエディション(Internet Security Business Edition) 日本語マニュアル
「4.6. AVG インストール スクリプトの作成」 P52

・AVG スクリプト のファイル構成例
autorun.inf
AvgSetup.bat
AVG_Internet_Security_Business_x64_749.exe
AVG_Internet_Security_Business_x86_750.exe

・autorun.inf の内容例
[autorun]
open=AvgSetup.bat
shell\install\command=AvgSetup.bat
shell\install=AVG をインストール (&A)

・AvgSetup.bat の内容例
@ECHO OFF

REM --------------------------Start of getting superuser permissions--------------------------------------------
REM Check If the script has admin rights
openfiles.exe 1>nul 2>&1

REM If error flag set, we do not have admin.
if '%errorlevel%' NEQ '0' (
echo Requesting administrative privileges...
goto UACPrompt
) else ( goto gotAdmin )

REM Now we create temp visual basic scrit which will run this script again with UAC
:UACPrompt
echo Set UAC = CreateObject^("Shell.Application"^) > "%temp%\getadmin.vbs"
set params=%*
echo UAC.ShellExecute "cmd.exe", "/c %~s0 %params%", "", "runas", 1 >> "%temp%\getadmin.vbs"

REM Run getadmin.vbs which will run AvgSetup.bat with UAC
"%temp%\getadmin.vbs"
REM Delete getadmin.vbs and exit
del "%temp%\getadmin.vbs"
exit /B

:gotAdmin
pushd "%CD%"
CD /D "%~dp0"

REM --------------------------End of getting superuser permissions--------------------------------------------

@ECHO OFF
REM AVG Setup Batch
cd /d %~dp0
IF NOT DEFINED PROCESSOR_ARCHITEW6432 (
IF %PROCESSOR_ARCHITECTURE% EQU x86 (
SET SETUP="%CD%\AVG_Internet_Security_Business_x86_750.exe"
) ELSE (
SET SETUP="%CD%\AVG_Internet_Security_Business_x64_749.exe"
)) ELSE (
SET SETUP="%CD%\AVG_Internet_Security_Business_x64_749.exe"
)
IF NOT EXIST %SETUP% GOTO NoSetup

REM Start AVG Setup
%SETUP% /AV.LicenseKeyCoded=JT5jIzkecTw1fjtEeGMqOWVYOH9+KT0YPztmZyJaAzYxxxx= /mode=offline /AV.DontRestart=1 /AV.DataCenterCoded=xxxxW1gFD15FBURHAgZKQwRAUQ== /AV.StationGroup=@newstations /AV.MasterCtfServerCoded=GANBBVMcGEFOB1tYBQ9eRQVERwIGSkMEQFEcVgYQQAUNUkMVWA4dHUdHA00aWghFGQUHURQdVhkRAVJbClxaXwRaEx1EGBEBGk4BR0MABA9aRlJBXhVUFgJGR14WQxJHUE1fBFoTHUQYEQEa /download_host_name=@;EOfY+6HKh+0cGjjCP+YG5aBAKzJ29qbNXpiVAh4YOCuhopfha7F62xHgwMS5bWWN /AV.InstallFeatures="fea_Client|LinkScnFea|fea_SrchSrf__Surf|fea_OnlnSc|IDPGroupFea|fea_IDP|fea_Emails__Outlook|fea_AntiSpm|fea_Emails__EMC|fea_lng_jp|fea_lng_us|fea_FW"

if %ERRORLEVEL% NEQ 0 goto AvgErr
goto End

:AvgErr
ECHO Error while installing AVG
goto End

:WrongPlatform
ECHO Installation file does not support this OS platform(x86 vs x64)
goto End

:NoSetup
ECHO Missing installation files

REM Continue batch processing
:End
ECHO setup returned %ERRORLEVEL%



AVG スクリプト を使わないで AVG ビジネス エディション をアップグレードする方法
AVG スクリプトを使わないで、直接、AVG のインストーラーで、AVG をアップグレードすることも可能です。
この場合、まだライセンスが有効な基幹であれば、入力の必要はありませんが、ライセンスが無効になってしまった場合は、ご所有のライセンス番号を入力していただく必要があります。
注意点としまして、インストール直後に[続行]ボタンを押さないで、必ず、[続行]ボタンの下の[カスタムインストール](ボタンにはなっていません)を選択してください。
AVGをインストルするときは、かならず[カスタム インストール]を選択
そのようにしませんと、AVG Remote Admin と接続できなくなってしまう恐れがあります。


もし、不要なコンポーネントがある場合は、✔ を外してください。


AVG Data Center 仕様とは、AVG Remote Admin がインストールしてあるサーバーのホスト名、IPアドレス、ポート番号(デフォルトは、4158)を指定します。
VPN越しに接続する場合は、ホスト名ではなく、必ず IPアドレス で記述してください。
標準のポート番号の場合は、IPアドレス だけで構いません。

「AVG ビジネス エディション 2016」 へのアップグレードに失敗した場合の対処方法
AVG を 2013 から 2016 にアップグレードしようとした場合、何かエラーが発生してしまい、AVG のアップグレードを失敗をしてしまう場合があります。
もし、旧バージョンの AVG を正常にアンインストールすることができないような場合は、[AVG Remover]を使用して、一度、AVG を完全にアンインストールしてください。
[AVG Remover]は、http://www.avg.com/jp-ja/utilities よりダウンロードできます。

AVG Remover
[AVG Remover]を起動しますと、このように三つの選択肢が英語で表示されます。残念ながら、現在のところ、[AVG Remover]は、英語版のみとなります。
AVG をアンインストールする場合は、一番右の [AVG Remover] を選択してください。もし、[AVG Remover] をキャンセルしたい場合は、'X' キーを押してください。

AVG Internet Security Remove
しばらくしますと、アンインストールする AVG の種類の確認画面が表示されます。 間違いなければ、✔ を入れて [Remove] ボタンをクリックすると、AVG のアンインストールを行います。

AVG_Remover_Restart
AVG Remover の作業を完了させるためには、PCの再起動が必要となります。
[Restart]ボタンをクリックしますと、PCが再起動します。
再起動後も、少し、作業を行いますが、通常30秒以内には、AVG の除去作業が完了します。
こちらのページ もご参照ください。

尚、AVG Remover は、AVG Remote Admin もアンインストールしてしまいますので、もし AVG Remote Admin をインストールしてあるサーバーで AVG Remover を実行する場合は、注意が必要です。 AVG Remote Admin の設定情報は Firefox 等のデータベース情報として保存されてあるため、簡単に設定情報をバックアップ、リストアすることはできません。


www.arcbrain.jp HOME へ
Arcbrain Original Computer
お客様のご要望にかなったコンピューターを
ご用意させて頂きます。

株式会社アークブレイン ショッピングサイト ArcEC2
アークブレインの商品は
こちらからご購入いただけます
株式会社アークブレイン
Arcbrain Inc.
http://www.arcbrain.jp/
〒151-0073
東京都渋谷区笹塚 2丁目47番1号
2-47-1 SASAZUKA SHIBUYA-KU TOKYO, 151-0073, JAPAN
TEL 03-3375-8968
FAX 03-3375-8767
IP TEL 050-3334-0311 〔OCN〕
※御見積依頼、WEBフォームでのお問い合わせ

Copyright® 2017  Arcbrain Inc.